新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

2018年3モデルの新型iPhoneは全てFaceIDを搭載か、モジュールはLGinnoteckが製造?

※iPhone X Plus/iPhone SE2/iPhone9(仮称)などの情報は、正式にAppleが発表しているものではありません。海外のニュースサイトなどが情報源です。

2018年新型iPhoneについて、新たな情報が公開されました。

2018年新型iPhoneは全てFaceIDを搭載、LGinnoteckがメインサプライヤとなるか

以前より、2018年の新型iPhoneは、OLEDディスプレイを搭載した5.8インチモデル「iPhone9」(仮称)、6.7インチの大型モデル「iPhoneX Plus」(仮称)、LCDディスプレイを搭載した6.1インチモデル「iPhone X2」(仮称)の3モデルが発売されると予測されていました。

今回台湾メディアのETnewsによって報じられた情報によると、2018年3モデルの新型iPhone全てにFaceIDが搭載されるとのことです。

「3モデルの新型iPhoneにFaceIDが搭載される」という予測は、以前KGI証券のMing-chi-Kuo氏によっても同様の予測がなされていましたが、今回の情報によりさらに具体的なものとなりました。

ETNewsによれば、Appleは2018年新型iPhone3モデルのための「Face IDモジュール」のサプライヤーをすでに選定したと報じられています。

前年の最新モデルある「iPhoneX」に搭載されている「FaceIDモジュール」はLG InnoteckとSARHPの二社が製造を担当していましたが、2018年は、引き続きLG Innoteckがメインサプライヤーとなり、さらに中国の企業2社が製造に加わるとされています。

Appleはすでにこの新たな中国企業2社に発注を行っており、既に3億9000万ドル(約4,230億円)の投資を完了しているとのこと、さらにLG InnoteckはFaceIDモジュール製造の拡大を行うべく、今年1月には「モバイル用カメラモジュールと新技術のモジュール事業」に8737億ウォン(約880億円)を設備投資を行ったとのことです。

なお、今年3月に発売されると噂されている「iPhoneSE」の後継モデル「iPhoneSE2」には、今のところFaceIDが搭載されるという予測は出てきていません。

個人的には、FaceIDを搭載した4インチモデルのiPhoneを手にしてみたかったので、いつの日かFaceID搭載、ベゼルレス採用が叶った「iPhoneSE」の姿を見てみたいものです。

[Source:ETNews](yorimorishima)

Return Top