予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

2019年新型iPhoneはノッチ部分がより小さくなる?また、FaceIDを搭載したiPhoneが増加する見込みも

韓国メディアのETnewsが、2019年以降の新型iPhoneについての新たなリーク情報を公開しました。

2019年新型iPhoneはフロントパネルのノッチ部分が小さくなる?


韓国メディアのETnewsによると、Appleは2019年に発売する新型iPhoneに向けて、フロントカメラとFaceIDに用いられるカメラであるTrueDipthカメラの一体化に向けて開発を進めているとのことです。

現行の「iPhoneX」では、ノッチ(前髪)と呼ばれるフロントパネル上部の凹部分には、7MPのフロントカメラ、TrueDepthカメラ、3Dドットプロジェクタ、スピーカー、マイクなどが搭載されており、このうちカメラ部分が1つのパーツにまとめられることにより、“ノッチ部分が小さくなるのではないか”と伝えられています。

TrueDepthカメラは3Dドットプロジェクタ、赤外線カメラ、投稿イルミネーターといった複雑なパーツから構築されており、それらの複雑なパーツとフロントカメラを一体化させることが技術的に可能かどうかという点には、ETnewsが入手したとされるレポートでは言及されておらず、MacRumorsでは「まだ初期の噂段階に過ぎない」ともコメントしています。

しかし、「iPhoneX」のノッチ部分については、”フルディスプレイ”を謳っていた「iPhoneX」だけに、以前からも「デザインが良くない」と評されるコメントも多く、ユーザーから指摘されることも多かったため、Appleがこのノッチ部分を問題視している可能性は否めません。

もし、ノッチ部分が存在しないデザインの「iPhoneX」があったなら、そちらに手を伸ばしてしまうでしょう。人によっては小さな問題ではあるかもしれませんが、個人的にもノッチ部分が小さくなるということには期待が持てるため、この噂が実現されることを願っています。

なお、ETnewsでは、このノッチ部分の縮小化は2019年に搭載されると伝えられており、Apple製品について信頼度の高い情報を発信し続けているKGI証券のMing-Chi Kuo氏によって、今年9月に発売すると予想されているOLEDディスプレイを搭載した5.8インチモデルの「iPhone9」(仮称)、6.5インチの大型OLEDディスプレを搭載した「iPhone X plus」(仮称)、6.1インチのLCDディスプレイを搭載した「iPhoneX2」の3モデルには搭載されないとのことです。

2018年、2019年のiPhoneには「FaceID」がより多くの製品に搭載される?


また、ETnewsでは、「Appleは、2018年から2019年にかけて、より多くの製品にFace IDを搭載する予定だ」との予測も伝えています。

こちらの情報は、Face IDに用いられるTrueDepthカメラのパーツである、顔認識モジュールを製造を担っている「LG Innotec」が、スマートフォン向けの顔認識モジュール事業に対し、8,737億ウォン(約910億円)の投資を行ったという事実を受けての予測となっており、信頼度は高いものと考えられます。

2018年には「iPhone9(仮称)」「iPhoneX Plus(仮称)」「iPhoneX 2(仮称)」の3モデルの他に、春頃に「iPhoneSE2」が販売されるのではないかと噂されています。

「iPhoneSE2」は、ホームボタン搭載、指紋認証機能TouchIDが続投され、FaceIDは搭載されないとの予想がなされていますが、このLGInnotecの投資は、果たして「iPhoneSE2」にも影響を与えるのでしょうか。

ノッチ部分が小さくなった新型iPhone、FaceIDの搭載された「iPhoneSE2」。これらの製品が実現するかどうかは定かではありませんが、個人的には想像するだけでも期待が膨らみます、続報に期待しましょう。

[Source:MacRumors,ETnews](yorimorishima)

Return Top