予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

友だち追加

2018年新型iPhoneにはジャパンディスプレイの新型液晶が搭載される?

2018年に発売される次期iPhoneについて、新たな情報が公開されました。

ベゼル0.5mm、ジャパンディスプレイの「フルアクティブ」を搭載か

時事ドットコムによると、2018年の新型iPhoneにはジャパンディスプレイが開発した新型のディスプレイ「フルアクティブ」が搭載される見込みであるとのことです。

ジャパンディスプレイの「フルアクティブ」は、OLEDディスプレイのような折り曲げられる柔軟性を持ち合わせていながら、ベゼル(フロントパネルのディスプレイの枠の部分)を0.5mmまで縮小できるという特徴があります。

さらに、スマートフォン端末の高価格化にも繋がっていた開発にコストがかかるOLEDディスプレイに比べ、比較的安価な値段での開発が可能ということも、Appleの目に止まる理由となったとされています。

「フルアクティブ」は6.1インチ「iPhone X2(仮称)」に採用か

2018年には、KGI証券のMing-Chi Kuo氏により、5.8インチモデルの「iPhone9」(仮称)、6.5インチの「iPhone X plus」(仮称)、6.1インチの「iPhoneX2」(仮称)の3モデルの新型iPhoneが発売されると予測されています。

このうち、5.8インチの「iPhone9」と6.5インチの「iPhoneX Plus」はハイエンドモデルとして発売され、「iPhoneX」と同様にOLEDディスプレイが搭載されると予想されています。

6.1インチの「iPhone X2 」については、中価格帯のモデルとしての発売を予想されており、OLEDディスプレイではなくLCDディスプレイが搭載されると以前から予想されていました。

もし、ジャパンディスプレイの「フルアクティブ」が搭載されるとすれば、この6.1インチの「iPhone X2」に搭載されるのではないでしょうか。

ベゼル幅が0.5mmまで縮まった新型iPhoneに期待が膨らみます。

[Source:時事ドットコム](yorimorishima)

Return Top