予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

iPhone 公式オンライン予約サイト
新型 iPhone 予約受付中!

▶︎ドコモオンラインショップ

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎au Online Shop

2018年新型iPhoneの液晶タッチパネルはGISとTPKが供給する?

2018年新型モデルのiPhoneについて、新たな情報が公開されました。

次期iPhoneの液晶タッチパネルはGISとTPKが供給?

中国メディアの工商時報によると、2018年新型モデルiPhoneに搭載されるタッチパネルは、GISとTPKがサプライヤーとして供給するとのことです。

2018年新型iPhoneは、OLEDディスプレイを搭載した5.8インチモデル「iPhone9」(仮称)、6.7インチの大型モデル「iPhoneX Plus」(仮称)、LCDディスプレイを搭載した6.1インチモデル「iPhone X2」(仮称)の3モデルが発売されると予測されています。

工商時報によると、このうち、OLEDディスプレイの2モデルについては「iPhoneX」と同様Samsungディスプレイが供給するとされており、6.1インチのLCDディスプレイモデルのタッチパネルをGISとTPKが供給することになるだろうと伝えられています。

先日、公開された情報では6.1インチモデルのLCDディスプレイには、ジャパンディスプレイが供給することになり、ジャパンディスプレイ最新ディスプレイ「フルアクティブ」が搭載されるだろうとの予測が時事ドットコムにより伝えられていました。

前回の情報と今回の情報は内容が全く異なっており、どちらが信頼できるのかということは一概に言うことはできません。

新型モデルのiPhoneに関連する情報が多数公開され、情報が錯綜してきてはいますが、多くの情報が発信されることで、新たなiPhoneの発売が日に日に近づいてきていると実感させてくれます。

[Source:工商時報](yorimorishima)

Return Top