予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

2018年発売の6.1インチ新型モデルiPhoneは3GBRAM搭載、3DTouchは搭載されない?

2018年に発売されると予測されている、3モデルのiPhoneのうち、LCDディスプレイを搭載した6.1インチモデル「iPhone X2」(仮称)について新たな予測が公開されました。

6.1インチ「iPhone X2(仮称)」は3GBのRAM搭載、3DTouchは搭載されない?

Apple製品について精度の高い情報発信し続けているKGI証券のアナリスト、Ming-Chi-Kuo氏によると、2018年に発売される6.1インチモデルの新型iPhone「iPhoneX2」(仮称)にはLCDディスプレイ、アルミフレーム、および3GBのRAMが搭載され、背面カメラがシングルリアカメラとなり、「3D Touch」は搭載されないだろうとのことです。

6.1インチモデルの新型iPhone「iPhoneX2」にLCDディスプレイが搭載され、ボディが金属製になることについてはこれまでも触れられていましたが、3GBのRAMが搭載され「3D Touch」は搭載されないという予測は今回が初めてです。

さらに、Kuo氏はこの6.1インチの新型iPhoneの価格について、以前は650ドル(約71,800円 )ほどと予想をしていましたが、今回新たに700〜800ドル(77,300円〜88,400円 )へと予想価格を引き上げました。

6.1インチの新型iPhoneの性能は「iPhoneX」の劣化版?

RAMについては、現行の最新型モデルである「iPhoneX」に搭載されるRAMと同じ、3GBのRAMが搭載されるということでそこまで大幅な進化は望めないのかもしれません。

なお、他の2モデルの新型iPhoneには4GBのRAMが搭載されると予測されています。

また、3DTouchが搭載されないというのも、驚くべき予測ではあります。

「3D Touch」とは、画面(もしくはホームボタン)をタッチした際の圧力を検知し、その強さによってプレビュー画面を表示したり、機能に応じたメニューを表示したりすることができる機能のことです。

現行の最新型モデルである「iPhoneX」には、ディスプレイ操作の一つとして「3D Touch」が搭載されており、従来のホームボタンを採用した「iPhone8」などに搭載されていた「3D Touch」よりも、きめ細かい圧力の検知が可能となっていました。

しかし、2018年に発売される6.1インチモデルの新型iPhoneには、この「3D Touch」が搭載されないとのことで、これは、6.1インチの新型iPhoneは、2018年に展開される3モデルの中で、中価格帯モデルとして登場するため、搭載する機能の一部をコスト的な問題でカットしたということになるのかもしれません。

そうなると、6.1インチの新型iPhoneは「iPhoneX」の劣化版になると考えることもできますが、「4×4MIMO」の通信規格が採用される等の進化した性能も搭載される見込みがあるため、一概に劣化版ということはできないかもしれません。

2018年の新型モデルのiPhoneについて、続々と新たな情報が公開されていきます。これからも続報に注目です。

[Source:MacRumors](yorimorishima)

Return Top