予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

2018年新型iPhoneは電池容量が大幅に向上?6.1インチモデルに関する最新情報も

KGI証券のMing-Chi Kuo氏は、2018年新型iPhoneの3つのモデルに関して最新情報を発表しました。

次期「iPhone X Plus」の電池容量は3,300〜3,400mAhになる?

Ming-Chi Kuo氏によると、5.8インチモデルOLEDディスプレイを搭載する「iPhone 9」(仮称)と、6.5インチモデルOLEDディスプレイを搭載する「iPhone X Plus」(仮称)には、4GBのRAMが搭載されるようです。

また、「iPhone X Plus」には、現行の「iPhone X」のバッテリー容量より25%多い3,300〜3,400mAh程度のバッテリーが搭載される予定です。

なお、以前「iPhone 9」と「iPhone X Plus」には、新しい単一セルのL字型バッテリーが搭載されるという噂がありました。

しかし、Appleは「iPhone 9」と「iPhone X Plus」には、現行の「iPhone X」と同じ、2セルのL字型バッテリーを採用することに決定したようです。

また、Ming-Chi Kuo氏は、3モデルの新型iPhoneのうち、5.8インチのOLEDディスプレイが搭載される「iPhone 9」と、6.5インチのOLEDディスプレイが搭載される「iPhone X Plus」は、大幅なアップデートがされないと予測しています。

そのためMing-Chi Kuo氏は、6.1インチのLCDディスプレイを搭載した「iPhone X2」(仮称)が良く売れるのではないかと伝えています。

6.1インチモデルiPhoneには、ジャパンディスプレイが搭載か

さらにMing-Chi Kuo氏は、6.1インチ型LCDディスプレイ搭載の「iPhone X2」についても最新情報を伝えています。

まず、6.1インチモデルの次期Phoneは、Pegatron、Foxconn、Wistronの3社が分担して製造を請負い、それぞれ60%、30%、10%というシェアになるようです。

また、先日国内メディアでも報じられていたように、6.1インチモデルには0.5mmのベゼル幅が特徴である、ジャパンディスプレイの「フルアクティブ」ディスプレイが採用される模様です。

6.1インチのLEDディスプレイは、ジャパンディスプレイが70%の供給を行うだろうとされています。

さらに、「iPhone X2」はホームボタンが廃止されて、ほぼフルスクリーンのデザインとなり、TrueDepthカメラによる「Face ID」や「アニ文字」も利用可能になります。

次期iPhoneの中でも、「iPhone 9」と「iPhone X Plus」にはL字型バッテリーが搭載されますが、6.1インチモデルの「iPhone X2」には、長方形のバッテリーが搭載される予定です。

しかし、バッテリーの性能向上によって、電池容量は2,850〜2,950mAhになるとされ、現行の「iPhone X」よりも8.5%ほど多くなっています。

また、「iPhone X2」の価格は700〜800ドルになると予想されており、「iPhone X」の999ドル以上と比較すると、かなり安い価格設定です。

やはり、Ming-Chi Kuo氏が予想するように、リーズナブルかつ高機能な「iPhone X2」が人気になる可能性が高いです。

[Source:9to5Mac] (yorimorishima)

Return Top