予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

2018年新型iPhoneはノッチが縮小化されることが確定?新型iPad ProにはやはりFace ID採用か

2018年次期iPhoneに関する新たな情報が公開されました。

2018年新型iPhoneはやはりノッチ部分が縮小化される?

2018年には、OLEDディスプレイを搭載した5.8インチモデル「iPhone X2」(仮称)、6.7インチの大型モデル「iPhoneX2 Plus」(仮称)、LCDディスプレイを搭載した6.1インチモデル「iPhone 9」(仮称)の3モデルが発売されると予測されています。

これらの3モデルは2017年に発売された「iPhoneX」を継承したデザインとなっており、TouchID及びホームボタンの廃止、FaceIDを採用しノッチ部分が存在するデザインになると伝えられていました。

今回、米投資銀行のBarclaysが公開したレポートによると、2018年の3モデルの新型iPhoneは、「iPhoneX」に比べノッチ部分(画面上部の凹部分)が縮小化されるだろうとのことです。

この「2018年新型iPhoneのノッチ部分が縮小化される」という予測は、以前にも韓国メディアのETnewsよって同様の予測が伝えられており、今回の情報によってこの予測の確度がさらに向上したということになります。

ETNewsではノッチ部分に内蔵されているフロントカメラ、TrueDepthカメラといったカメラパーツが一つにまとめられるのではないかという予測をしていましたが、Barclaysでは、

「TrueDepthカメラのセンサーが進化し、ノッチの縮小化に繋がるだろう」

と伝えています。

2018年新型iPhoneにはメインカメラにもTrueDepthカメラを搭載?

またBarclaysは、2018年の新型iPhoneには背面のメインカメラにも「TrueDepthカメラ」を搭載するのではないかということにも言及しています。

メインカメラに「TrueDepthカメラ」を搭載することにより、AR(拡張現実)機能のさらなる進化が見込めるとしており、Appleがメインカメラに「TrueDepthカメラ」を搭載する事に対し「熱心に取り組んでいる」との考えを示しました。

しかし、KGI証券のMing-Chi-Kuo氏によれば、2018年の新型iPhoneのメインカメラに「TrueDepthカメラ」が搭載されることは考えにくいとしながら、早くても2019年に搭載されることになるだろうとのコメントしています。

Barclays、Ming-Chi-Kuo氏の両者では、Kuo氏の方が比較的予測の確度が高いため、もしかすると2018年新型iPhoneのメインカメラに「TrueDepthカメラ」が搭載されるということは実現されないかもしれません。

2018年新型iPad Pro「iPad X」にはFaceIDを搭載、発売は6月か

また、Barclaysは2018年新型iPad Pro「iPad X」(仮称)にも言及しています。

Barclaysによれば、「iPad X」はFaceIDを採用したベゼルレスデザインになると伝えられており、こちらの情報も以前から各所で予測されていた新型iPad Proに関する情報をなぞった形となりました。

なお、Barclaysは新型iPad Pro「iPadX」は2018年6月に発売されることになるだろうとの予測も示しています。

今回Barclaysによって公開された予測には、これといって目新しいものはありませんでしたが、一つの情報について複数の予測が立つことによって、その予測の確度が上がっていく傾向があります。

そう考えると、2018年の新型iPhoneはノッチが縮小化され、2018年の新型iPad ProにはFace ID搭載のベゼルレスデザインになるというこの2つの予測はかなり信頼度の高い予測となってきていると考えられるのではないでしょうか。

[Source:MacRumors](yorimorishima)

Return Top