新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム
ドコモ10,800円割引クーポンプレゼント中! 「iPhone XS」「Galaxy Note9」「Xperia XZ3」などの購入に使えるドコモオンラインショップ限定10,800円割引クーポンをプレゼント中!【数量限定!11/30まで】 ⬇︎⬇︎⬇︎

次期iPhoneの3種類のモデルに関する新情報が発表!ゴールドモデルも復活する?

Bloombergは、Appleの複数の関係者が伝えたとして、次期iPhoneに関して新たな情報を報じています。

次期iPhoneとして、2018年に発売されると噂されているのが、OLEDディスプレイを搭載した5.8インチモデル「iPhone X2」(仮称)、6.5インチの大型モデル「iPhoneX2 Plus」(仮称)、LCDディスプレイを搭載した6.1インチモデル「iPhone 9」(仮称)の3モデルです。

解像度は1,242 x 2,688の高い数値に

大型モデルの「iPhoneX2 Plus」は、「D33」というコードネームで呼ばれています。

また、「iPhoneX2 Plus」のディスプレイの解像度は1,242 x 2,688になるようです。現行の「iPhone X」のディスプレイ解像度が2,436 x 1,125であることから、「iPhoneX2 Plus」も「iPhone X」と同様に、高い解像度となります。

さらに、3つのモデルの中で「iPhoneX2 Plus」のみ、デュアルSIMに対応するオプションが検討されているようです。もし、デュアルSIMが内蔵されれば、2カ国以上を行き来する場合に、SIMを差し替える必要がなくなり、便利になります。

なお、サイズは現行の「iPhone 8 Plus」とほぼ同じ大きさになるといいます。

次世代の「A12」チップ搭載か

また、「iPhone X」のアップグレードモデルとみられる「iPhone X2」は、「D32」というコードネームで呼ばれています。「iPhone X2」には、「iPhone X」よりも高価なOLEDディスプレイと、次世代の「A12」チップが搭載されるようです。

この「A12」チップは大型モデルの「iPhoneX2 Plus」にも搭載される予定です。

なお、現行の「iPhone X」の代名詞でもある「Face ID」は、3つのモデル全てに搭載される予定です。しかし、6.1インチモデルの「iPhone 9」は低価格を維持するため、LCD ディスプレイが搭載され、筐体がステンレスではなくアルミニウムになると伝えられています。

次期iPhoneにはゴールドモデルが復活?

そもそもゴールドモデルは、「iPhone X」でも用意される予定でしたが、製造上のトラブルで実現は果たせませんでした。

そのため、次期iPhoneにはゴールドモデルが追加されるのではないかと噂されていましたが、今回、「iPhone X」のゴールドモデルと見られる写真がリークされたようです。

ゴールドモデルはアジア圏で人気のため、次期iPhoneのさらなる需要増大を図って、ゴールドモデルを追加する可能性は高いでしょう。

[Source:Bloomberg,Twitter(Mr.white)] (yorimorishima)

Return Top