予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

iPhone 公式オンライン予約サイト
新型 iPhone 予約受付中!

▶︎ドコモオンラインショップ

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎au Online Shop

2019年新型iPhoneはトリプルレンズのカメラを採用か、3Dセンシングと進化したズーム機能を搭載?

ドイツ証券のアナリストJialin Lu氏は、2019年に発売される新型iPhoneには、カメラレンズが3つとなるトリプルレンズカメラを採用するだろうと伝えています。

3Dセンシングとズーム機能が進化?トリプルレンズでさらなる立体視を実現

「2019年以降、Appleはトリプルレンズカメラを搭載する」という予測自体は昨年12月から噂されてはいましたが、今回のLu氏のレポートによりこの噂の信憑性が上がったもとなりました。

Lu氏によれば、トリプルレンズを搭載することで、AR拡張現実機能に用いられる3Dセンシングの性能が向上し、高度な3D感知を可能になり、2つのセンサーが異なる角度から物体の単一の画像を取得できると伝えてられています。

3つのレンズによって三角測量法を使用して、iPhoneとオブジェクトの間の距離を取得することでよりリアリティのあるAR拡張現実体験をユーザーに与えることになるとのこと。

現在、「iPhoneX」などではAR拡張現実機能はそこまで注目を集めている、または日常でよくつかわれている機能ではありませんが、アップルのCEO、ティム・クック氏は拡張現実への深い関心を示しているそうで、今後の拡張現実機能の向上に期待したいところです。

また、Lu氏はトリプルレンズカメラを採用することにより、通常撮影時のズーム機能が向上するということについても言及しています。

すでにトリプルレンズを採用しているHUAWEIの「P20 Pro」では、光学3倍のズームに対応していることからも、この予測には期待が持てます。

2018年の新型iPhoneも発表されておらず、2019年の新型iPhoneの発売はまだまだ先になりますが、一体どんなiPhoneとなるのでしょうか。

[Source:MacRumors](yorimorishima)

Return Top