新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

6.1インチ液晶モデルのサイズや厚さが明らかに!「iPhone X Plus」はトリプルレンズカメラを搭載か

※iPhone X Plus/iPhone SE2/iPhone9(仮称)などの情報は、正式にAppleが発表しているものではありません。海外のニュースサイトなどが情報源です。

今年秋頃、Appleは新型モデルのiPhoneとして有機ELディスプレイを搭載した5.8インチモデル「iPhone XI」(仮称)、6.7インチの大型モデル「iPhoneX Plus」(仮称)、液晶ディスプレイを搭載した6.1インチモデル「iPhone 9」(仮称)の3モデルを発売すると予測されています。

今回はこのうちの6.1インチ液晶モデル「iPhone 9」、6.7インチの大型モデル「iPhoneX Plus」に関する新たな情報が公開されました。

「iPhone X Plus」はトリプルレンズカメラを搭載する?!

以前より、次期フラッグシップモデルとなる有機ELディスプレイを搭載した5.8インチモデル「iPhone XI」にトリプルレンズカメラが搭載されるのではないかと噂されていました。

今回、海外メディアのThe Investorによると、「iPhone XI」だけではなく、「iPhone X Plus」にもトリプルレンズカメラを搭載される見込みであると伝えられています。

以前、ドイツ証券のアナリストJialin Lu氏によって伝えられていた情報によれば、Appleがトリプルレンズカメラを採用するのは2019年以降であると予測されていましたが、今回の情報では早くも今年度からトリプルレンズカメラが採用されるのかもしれません。

トリプルレンズカメラによってiPhoneと対象物の間の距離を正確に取得することで、よりリアリティのあるAR拡張現実体験をユーザーに与えることができると考えられており、アップルのCEO、ティム・クック氏は拡張現実への深い関心を示していることからも、実現の可能性は低くはなさそうです。

液晶モデル「iPhone 9」のサイズや厚みも判明!発売日は11月?

また、液晶ディスプレイ搭載6.1インチモデル「iPhone 9」のレンダリング画像がOnLeaks氏により公開され、サイズや厚みが明らかになりました。

OnLeaks氏が公開したレンダリング画像がこちら。

「iPhone9」の本体の縦×横のサイズは150.9mm x 76.5mmとなっていて、厚みは厚さは8.3mmになるとのこと。

5.8インチ「iPhone X」のサイズは縦×横143.6mm x 70.9mm、厚みが7.7mmとなっているため、一回り大きくなっています。

また、海外メディアのNashville Chatterでは、「iPhone XI」「iPhone X Plus」「iPhone9」の発売日に関する情報も伝えています。

Nashville Chatterによれば、有機ELディスプレイを搭載した「iPhone XI」「iPhone X Plus」の2モデルは、例年通り9月に発売され、液晶ディスプレイを搭載した「iPhone9」のみ、2ヶ月遅れた11月が発売日になるとのこと。

あるアナリストによるば、「iPhone9」のディスプレイはJapan DisplayとLG Displayが製造しているものの、工程になんらかの不具合がおき、ノッチとディスプレイの隙間に光が漏れるの症状が発生しているため、スケジュールに影響が出ているとのことです。

昨年も「iPhone X」の発売日が延期されたことも加味した上で、「iPhone9」に関してもここまで具体的な情報が出ていると、それなりに信頼度は高い情報とみてもいいかもしれません。

2018年の新型iPhoneについての情報が次々と発表されていき、発売への期待が募ります。

[Source: MacRumors,OnLeaks,9to5Mac](yorimorishima)

Return Top