予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

2018年新型iPhoneのモデムチップはIntelが独占的に供給か

これまで、AppleはiPhoneのモデムチップにQualcomm、Intelの2社の製品を使用していましたが、海外メディアのMacRumorsによれば、今年発売される新型iPhoneではIntel社が独占的にモデムチップを供給することになると伝えられています。

今年QualcommはAppleにモデムチップを供給しない?同社CFOが発言

情報によれば、Qualcomm社CFOのジョージ・デイビス氏は、Qualcomm社の第2四半期決算発表時に「Appleが次世代デバイスにQualcommのLTEチップを使用する予定はない」とのコメントを発表したとのことです。

これまでの流れを振り返ると、信頼度の高い情報を発信し続けている元KGI証券のアナリストMing-Chi-Kuo氏が、今年2月に

「2018年新型iPhoneに使用されるモデムチップは100%Intelが供給する」

との予測を示していました。

そして、Kuo氏は今年4月に

「Intelが70%のモデムチップを供給し、Qualcommが30%を供給する」

と予測を修正していました。

今回、Qualcomm社CFOから発表されたコメントによれば、結果的に2月時点でのKuo氏の予測が正しかったことになりました。

Qualcomm社がApple社へのモデムチップの供給を打ち切ったのには、Qualcomm社とApple社がライセンス料に関する係争中であったことが背景となっています。

モデムチップの供給がIntel社の独占体制で行われることに関して、ユーザー目線では「供給が追いつくのかどうか」「発売が延期されないだろうか」などの心配の声があがりそうですが、はたしてどうなるのでしょうか。

[Source:MacRumors](yorimorishima)

Return Top