予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

iPhone 公式オンライン予約サイト
新型 iPhone 予約受付中!

▶︎ドコモオンラインショップ

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎au Online Shop

次期iPhone発売延期の危機?サプライヤーの台湾TMSCがコンピュータウイルスに侵され向上が一時停止に

2018年次期iPhoneに搭載予定の「A12 Bionicチップ」のサプライヤーである台湾のTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)が、コンピュータウイルスに侵され工場が一時停止していたことが明らかになっています。

次期iPhoneへの影響は有り?TMSC「生産に遅れ」

海外メディアのBloombergによると、TMSCがコンピュータウイルスに感染したことが発覚したのは8月2日木曜日時点でしたが、8月3日金曜日にその被害が拡大し、8月4日には工場での製造を一時停止、現在は復旧中であるとのことです。

TMSCの会見では、感染経路は外部からの攻撃ではなく、内部からの感染が拡大したもの、と発表されており、「ウイルス制圧のための精一杯の対応をした」とコメントをしています。

現在、TMSCは一部の製品の製造と出荷に遅れが生じていることを既に発表しており、TSMCの主な顧客は出荷に遅れが生じているという情報は既に通知済みとのこと。

この顧客の中にAppleが含まれているかどうかは明らかになっていませんが、海外メディアの9to5Macでは、TMSCはシステムを迅速にオンラインに復帰したものの、生産が一時停止したことで、四半期の売上高は3%減少しており、結果的に次期iPhoneの出荷が遅れる可能性があるとアナリストらが予測していることを伝えています。

[Source:9to5Mac](yorimorishima)

Return Top