予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

新型iPhone 機種変更時のデータ移行方法、準備とバックアップは万全に!【2019年最新版】

※2019年7月最新版
iPhoneを機種変更するたびに必ず必要となってくるのがデータ移行です。

しかし、「以前、自分でやってみたけどデータが一部飛んでしまった」「今度買い換えるんだけど、やり方がわからない」なんて不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では機種変更前の事前準備、データ移行方法のほか、Apple PayやLINEの再設定まで一連の作業を写真付きで解説していきます。

機種変更前の事前準備

iPhoneを機種変更する場合、単純にiTunesやiCloudからデータを移行すれば完了というわけではありません。

まずはしっかりと事前準備を行い、万全の体制でデータ移行に臨みましょう。

①GoogleやSNSなどのIDやパスワードをまとめておく

新しいiPhoneへ移行すると、GoogleのサービスやSNSなどで再度ログインが求められます。前もってログインIDやパスワードをまとめておくと良いでしょう。

写真は、筆者がiPhoneのメモアプリにまとめたログインID、パスワードです。

このように、メモアプリへまとめておき、保存先をiCloudにしておけば紛失する心配がありません。また、他のデバイスからも確認できるのでとても便利です。

②Apple IDとパスワードの確認

機種変更後の初期設定ではApple IDとパスワードの入力が求められます。あらかじめ確認しておきましょう。

➡︎後述するクイックスタートを利用する場合は入力不要です。ただし、Apple IDとパスワードはさまざまな場面で必要となるため、この機会に再確認しておくことをおすすめします。
【確認方法】

「設定アプリ」で自分の名前が表示されている部分をタップすると、Apple ID(登録メールアドレス)が表示されます。

もし、パスワードが不明な場合は再設定を行います。まず「パスワードとセキュリティ」をタップしてください。

続いて「パスワードの変更」をタップ。iPhoneでパスコードを入力すればパスワードの変更ができます。(iCloudでサイン済みでパスコードの設定が行われている場合)

変更後のパスワードは①で紹介したように、メモアプリへ記録しておきましょう。

③iOSを最新バージョンにアップデートする

機種変更する際にはiOSを最新バージョンへアップデートしておくことも重要です。

古いバージョンのまま新しいiPhoneへデータ移行してしまうと、アプリの引き継ぎができなかったり、特定のアプリで不具合が起こる場合もあります。

iOSのアップデートはWi-Fi環境下で次の手順で行ってください。

【iOSのアップデート方法】

「設定アプリ」の「一般」→「ソフトウエアアップデート」→「今すぐインストール」

⑤Apple Watchを利用している場合はペアリングを解除しておく


Apple Watchを利用している場合は、旧iPhoneとのペアリングを解除しておきましょう。

これによりApple Watchはいったんバックアップされます。新しいiPhoneの準備が整ったら再びペアリングすることで設定を復元できます。

⑥最新のバックアップを取得する

バックアップ先がiTunes・iCloud、どちらの場合でもデータ移行の直前に最新のバックアップを取得しておきましょう。

初期設定はクイックスタートが便利

機種変更後、まず行うのが初期設定です。「iOS 11」からは、新旧iPhoneを近づけるだけで初期設定が完了するクイックスタートが追加されました。

クイックスタートで引き継ぎできる設定項目は以下の通りです。

  1. キーボード設定
  2. Wi-Fi設定情報
  3. パスワード
  4. Apple ID

クイックスタートは短時間で確実に初期設定できるので、ぜひ利用しましょう。

【クイックスタートによる初期設定方法】

左が旧iPhone、右が新しいiPhoneです。

新しいiPhoneの電源を入れ、言語と国・地域を選択すると「クイックスタート」と表示されます。

ここで旧iPhoneを近づけると「新しいiPhoneを設定」と表示されるので「続ける」をタップしてロックを解除します。

旧iPhoneのロックを解除すると、パターン読み取りを要求されます。

新しいiPhoneに表示されるパターンを旧iPhoneのカメラで読み取ってください。

パターン読み取りが完了すると、新しいiPhoneでパスコードの入力が求められます。

パスコードを入力すると自動的に初期設定が開始されます。終了するまで両方のiPhoneは近くに置いて置きます。

初期設定が完了しました。プライバシーポリシーに同意してデータ移行に進んでください。

iPhoneのデータ移行方法は2通り

続いてデータの移行方法を紹介します。

「iOS 13」では、ケーブルを使ったデータ移行方法も追加されるようですが、現在提供されているデータ移行方法は以下の2通りです。

  1. iTunesを利用する方法
  2. iCloudを利用する方法

ただし、iTunesについては事実上Mac版の廃止が決まっています。今後、MacではFinderを用いてバックアップや復元を行うようになるとのことですが、方法については詳細が分かり次第この記事内で紹介します。

なお、Windows版のiTunesは引き続き提供される予定となっています。

iTunesを利用する方法

iTunesを利用する方法では、使用していたアプリの配置まで正確に再現されます。また、有線接続なので復元スピードが早いというメリットもあります。

【iTunesでバックアップを取る方法】

iPhoneをパソコンに接続し、iTunesを開きます。

①「自動的にバックアップ」欄でバックアップ先に「このコンピュータ」を選択。「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

➡︎暗号化しないと、アカウントのパスワードやヘルスケアデータ、HomeKitのデータを引き継ぐことができません。

②バックアップを保護するためのパスワードを設定します。(このパスワードもメモに控えておきましょう)

③「今すぐバックアップ」を押してバックアップを作成してください。

続いて、iTunesで作成したバックアップを復元する方法です。

【iTunesのバックアップを復元する方法】

新しいiPhoneをパソコンに接続し、iTunesを開きます。

「バックアップを復元」を押すと自動的に復元が開始されます。

その後、自動的にiPhoneが再起動しますので、パスコードを入力すれば利用可能となります。

iCloudを利用する方法

iCoudを利用してデータ移行するにはWi-Fi環境が必要です。比較的時間がかかるため、充電しながら作業することをおすすめします。

なお、普段から「iCloudバックアップ」(下図で解説)をオンにしておけば自動でバックアップが更新されるので、ぜひオンにしておきましょう。

➡︎無料で提供されるiCloudの容量は5GBです。容量が足りない場合は下記の方法でストレージプランを変更してください。
【ストレージプランの変更方法】

設定アプリで自分の名前が表示されている部分をタップ。続いて「iCloud」をタップします。

「ストレージを管理」→「ストレージプランを変更」の順にタップして必要な容量を選択します。(画像では50GBに変更済み)

iCloudのストレージプランと月額料金は以下の通り。容量をダウングレード(例:50GBから無料の5GBに引き下げる)することも可能です。

  • 50GB 月額130円
  • 200GB 月額400円(家族で共有可能)
  • 2TB 月額1,300円(家族で共有可能)
【iCloudでバックアップを取る方法】

iCloudでバックアップを取る方法を紹介します。

「設定」で自分の名前が表示されている部分→「iCloud」の順にタップします。

「iCloudバックアップ」をタップし、次画面で「iCloudバックアップ」をオンにします。(これが自動バックアップの設定)

すぐにバックアップを取る場合は「今すぐバックアップを作成」をタップします。ただし、初回のバックアップは長時間に及ぶ場合が多いので、時間がある時に行う方が無難です。

また、キャリアショップや量販店で機種変更を依頼する場合も、自宅でiCloudバックアップを済ませておけば、待ち時間が大幅に短縮されます。

【iCloudでバックアップを復元する方法】

新しいiPhoneの電源を入れ、画面に従い言語などの初期設定を終わらせます。(Wi-Fiにも接続)

「Appとデータ」の画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。

続いてApple IDのメールアドレスを入力して「次へ」をタップします。

Apple IDのパスワードを入力して「次へ」をタップします。

利用規約を読んで「同意する」をタップします。

復元するバックアップを選択すると自動で復元が開始されます。

復元が終了すると自動的にiPhoneが再起動しますので、パスコードを入力すれば利用可能となります。

以上が機種変更時のバックアップと復元方法です。

Apple Payの引き継ぎ方法

iPhoneのデータ移行が終わったら、Apple Payの引き継ぎを行います。

Apple Payでクレジットカードを引き継ぐのはとても簡単で、Walletアプリから画面にしたがって操作するだけです。

一方、Suicaの場合は引き継ぎ方法が少し異なるので注意が必要です。

順を追って紹介しましょう。

Apple Payに登録したクレジットカードを引き継ぐ方法

引き継ぎを始める前に、クレジットカードを用意してセキュリティコード(背面の署名欄に記載されている3桁のコード)を確認しておいてください。

まず、新しいiPhoneでWalletアプリを開き右上の「+」をタップしてください。

Apple Payの説明画面が表示されるので「続ける」をタップします。

「クレジット/プリペイド」をタップすると、Apple Payで登録していたクレジットカードが表示されます。

引き継ぐカードにチェックを入れて「続ける」をタップします。

クレジットカードの種類や番号を確認して、セキュリティコードを入力。「次へ」をタップします。

利用規約が表示されるので「同意する」を選択するとカードの引き継ぎが完了します。

Apple Payに登録したSuicaを引き継ぐ方法

まず、Apple Payに登録したSuicaを削除し、一時的にJR東日本のサーバーへ預ける作業を行います。

旧iPhoneでWalletアプリを開き、Suicaを選択、続いて画面右上の赤枠部分をタップします。

Suicaの管理画面が表示されるので、一番下までスクロールします。

「このカードを削除」をタップすると確認画面が表示されるので、再度「このカードを削除」をタップします。

これでSuicaのデータと残高が一時的にJR東日本のサーバーへ移行できました。

続いて新しいiPhoneへSuicaを戻す方法です。

新しいiPhoneでWalletアプリを開き右上の「+」をタップ。

「カードの種類」でSuicaを選択します。

「カードを追加」の画面でSuicaが表示されます。残高をチェックして「次へ」をタップすれば移行作業が始まります。

なお、複数のSuicaが登録してあり、別のSuicaを戻す場合は「ほかのカードを追加」を選択します。

その後、「エクスプレスカードに設定完了」と表示されれば移行作業終了です。

【最新版】新しいiPhoneにLINEを引き継ぎする方法

最後にLINEの引き継ぎ方法を紹介します。

引き継ぎに先立ち、旧iPhoneでトーク履歴のバックアップを行うと共に、メールアドレスやパスワードが登録されているか確認しておきましょう。

トーク履歴のバックアップ

まず、時間のかかるトーク履歴のバックアップを行います。

ホーム画面の歯車マークから設定画面を開き「トーク」をタップします。

「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」の順にタップするとバックアップが開始されます。

続いてLINE引き継ぎで必要な項目が登録されているか確認します。

LINEの引き継ぎではメールアドレスとパスワードの登録が必須です。

設定画面で「アカウント」をタップし、次画面でメールアドレスとパスワードが登録されているか確認してください。

もし、登録されていなければ、各項目をタップして設定を行います。

LINEの引き継ぎ方法

トークのバックアップが終了したらLINEの引き継ぎに入ります。

【旧iPhoneでの操作】

ホーム画面から「設定」を開き「アカウント引き継ぎ」をタップします。

続いて「アカウントを引き継ぐ」をオンにしてください。(オンにすると36時間以内に引き継ぎを終了させる必要があります)

以上で旧iPhoneの操作は終了です。

【新しいiPhoneでの操作】

LINEアプリを開き「はじめる」をタップします。

登録した電話番号を入力して緑色の「→」をタップします。

SMSで認証コードが送られてくるので入力します。

認証が完了すると「おかえりなさい◯◯(名前)!」と表示されます。

表示されている電話番号を確認して「はい、私のアカウントです」をタップします。

登録してあるパスワードを入力して「OK」をタップします。ただし、ここから先は旧iPhoneでLINEが利用できなくなるので注意してください。

トーク履歴を復元するか聞かれるので「トーク履歴を復元」をタップします。

なお、ここでトーク履歴を復元しないと後で復元することはできませんので注意してください。

年齢認証の画面が表示されますので、契約キャリアごとに認証を行ってください。(年齢認証は飛ばすこともできます)

年齢認証が終わればLINEの引き継ぎが終了です。

以上、iPhone機種変更時のデータ移行方法について紹介しました。

なお、記事中でも触れた通り、今年秋にリリースされる「iOS 13」や「MacOS Catalina」ではデータ移行方法に変更がある模様です。

変更内容については、随時フォローしていきますので、ぜひ機種変更時の参考にしてください。

2019年新型 iPhone XI(iPhone11)発売日・予約開始日の予想

発表〜予約〜発売日の予想
発表イベント2019年 9/10
予約開始 9月13日(金)16時1分
発売日 9月20日(金)

iPhone XI(11) 発売日と予約開始日 スペック・デザイン噂まとめ【2019年新型】

 2019年7月20日
Return Top