予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

新型iPhoneの機種変更をする前に! パソコンなしで icloudでバックアップする方法!


2018年9月12日に新型iPhoneの発表イベントの開催が決定しました。iPhone XSやiPhone9(仮称)の機種変更を検討されている人は、まずはiPhoneのバックアップ方法を頭に入れておきましょう。今回は、パソコンをお持ちでない方でもできるicloudでのバックアップ方法です。

icloudバックアップの条件

iCloudでバックアップする場合は5つの条件を満たしている必要があります。

・Wi-Fi接続している
・充電器に接続している
・iCloudバックアップがONになっている
・画面がロック状態になっている
・iCloudに空き容量がある

※iCloudを設定すると、5GB分のストレージを無料で利用できるようになります。5GBの容量を使い切ってまったら、コンテンツを削除するか、iCloudストレージを有料プランにアップグレードするかで容量を確保できます。

有料プランの月額料金
・50GB:¥130
・200GB:¥400
・2TB:¥1300

※有料プランは50GB、200GB、2TB があり。200GBと2TBのプランの場合、家族と分け合うことが可能。

バックアップできるデータの種類

iPhone端末のデータであれば、ほぼ全てバックアップできます。ただし、バックアップできるのはiCloudに対応しているAppデータでなければいけません。以下の手順で確認ができます。

設定>一番上の自分の名前>iCloudの順にタップします。

次にストレージ管理をタップ。

Pagesをタップして書類とデータで表示されないアプリのデータは保存されません。注意しましょう。

iCloud バックアップの対象となるデータを詳しく見る

バックアップ手順

続いてバックアップの手順も解説していきます。

Wi-Fiに接続していないとiCloudにバックアップできないので、まずWi-Fiに接続します。

設定>Wi-Fiをタップします。

Wi-FiがONになっているか確認しましょう。ONになっている場合は緑色になっています。緑色になっていなければ丸いところをタップします。

Wi-Fiに接続したら次はiCloudにバックアップします。設定>iCloudをタップしましょう。

iCloudバックアップをタップします。

すぐにバックアップしたい場合には、水色の文字の「今すぐバックアップ」をタップするとバックアップが開始されます。

丸の部分が緑になっていなければタップしてONにします。ここをONにしておくと条件が揃えば自動的にバックアップされます。

(hmk)

 2018年9月8日
Return Top