予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

APPLEが10月24日に新型MacBookProの発表イベントを開催!?13インチの新型Air発表との噂も!

s_000-min
長らく発表が待たれていた新型MacBookPro。ついにそのベールを脱ぐ日がやって来るようです。アメリカの経済誌「Forbes」によると、13/15インチのMacBookProは第2四半期(4〜6月)から製造が開始されており、10月中に発表される見通しだそうです。

現在、Appleは新型MacBookProの新機能を搭載した「MacOS 10.12.1」の開発を急ピッチで進めており、10月早々にもディベロッパーへ配布を開始するそうです。この事からも新型MacBookProは10月中にリリースされる可能性が高いと思われます。

また、「Forbes」は同時に13インチの新型MacBookAirも発表されるとも報じており、Macファンにとっては期待に胸を膨らませる10月となりそう。

なお、気になる発表イベントの日程ですが、「The Apple Post」によれば10月24日(日本時間の25日)が濃厚なのだとか。例年、Appleは11月下旬から始まるホリデーシーズンまでに新製品を投入していますから、かなり信憑性のある情報と言えるのではないでしょうか?

新型MacBookProはどんなマシンになる?気になるスペックまとめ

今回発表になるMacBookProはひさびさのメジャーアップデートであるため、これまでとは大きく異なるマシンとなりそうです。現時点で噂されているスペックをまとめてみましたので、ぜひ購入時の参考にして下さい。

薄型化・軽量化が図られる

新型MacBookProは、かなりの薄型化・軽量化が図られたコンパクトなモデルとなるようです。「Cult of Mac」が報じたリーク写真を見るとボディ自体が薄くなっているほか、キーボード全体がMacBookに酷似していることが分かります。
s_002-min
s_001
これは、MacBookと同様のバタフライ構造キーボードを搭載するからと思われ、この点から考えても新型MacBookProはかなり薄くなりそうです。

また、気になる重さについてですが、13インチの新型モデルについては現行のMacBookAir13インチモデルと同等、つまり1.3キロ程度もしくはそれ以下になりそうです。MacBookほどの軽さではありませんが、現行MacBookProに比べれば、かなり持ち運びしやすくなるのではないでしょうか?

OLEDタッチバーとTouch IDを搭載

s_003-min

新型MacBookProではファンクションキーが廃止され、OLEDタッチバーとiPhoneでおなじみのTouch IDが搭載される見込みです。先日リリースされたMac OS SirraのコードにOLEDタッチバーとTouch IDに関する記述が見つかっていますから、両者が搭載されるのはほぼ間違いありません。

なお、OLEDタッチバーは利用しているアプリによってキー表示が切り替わるそうです。これにより、キーボードショートカットを利用しなくても必要な機能を素早く呼べ出せるようになります。

ポート類はUSB-Cに統一

新型MacBookProのポート類はすべてUSB-Cに統一される模様です。先ほどの「Cult of Mac」が報じたリーク写真によると、ポートは4つになりそう。これまでのMagsafeが使えなくなるのは残念ですが、USB-C充電ということでモバイルバッテリーによる充電も可能になります。ただし、周辺機器をUSB-Cに統一するかアダプターを用意する必要もあるので、そこは少し注意が必要です。

プロセッサは最新のKabylakeではなく一世代前のSkylakeを搭載か?

新型MacBookProに搭載されるプロセッサは、最新のKabylakeではなく一世代前のSkylakeとなりそうです。これは、Kabylake用のチップセットがまだ正式に登場していないため。Kabylakeはグラフィック性能と省電力性能が向上しているので、新型MacBookPro搭載されないのは少し残念ですね。

新型MacBookProについて、現在噂されている情報をお伝えしました。なお、先日Tim Cook氏はユーザーからの問い合わせに対し、「僕はMacが大好き。Appleも本気で開発に取り組んでいる。乞うご期待!」と答えています。果たして、新型MacBookProは噂通りのマシンなのか?そして、新型MacBookAirの発売はあるのか?

当サイトでは、新しい情報が入り次第お伝えしていきますので、ぜひご期待下さい!

[Source:Forbes, The Apple Post, Cult of Mac]
take211

Return Top