予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

Apple、2018年度第1四半期の売上高が最高記録を更新したと発表!

Appleは2018年度第1四半期(2017年10月〜12月期)の決算を発表しました。

売上高が史上最高値を記録!

2018年度第1四半期の売上高は883億ドル、純利益は200億ドルとなりました。この数字を昨年の同時期と比較すると、売上高は13%増え、純利益は11%増えたことになりました。また、1株あたりの利益は3.89ドルとなり、こちらも16%増加しました。そのため、四半期として総売上高は史上最高値を更新しています。

また、iTunes StoreやApple Payなどのサービス部門の売上高も好調で、地域別の売上高も全ての地域で前年同期を上回りました。日本は前年同時期比で売上が26%増えており、中国も11%増となっています。

「iPhone X」が売上高増加の原因か

最近の報道では、「iPhone X」の売上が予想よりも著しくないという噂が伝えられていましたが、「iPhone X」は11月の発売以降、最も売れて人気なiPhoneになったようです。

Bloombergによると、iPhoneの総売上台数は7,730万台になりました。これは、予想されていた8,020万台を僅かに下回っています。

しかし、iPhoneの平均販売価格は796ドルとなり、予想を上回りました。高価な「iPhone X」の売上が好調なことから、平均販売価格を押し上げたとみられます。実際、counterpointは「iPhone X」の販売台数は、「iPhone8/8 Plus」を2対1で越したというデータも発表しています。

また、決算発表会で最高経営責任者のTim Cookは、「iPhone X」は11月の出荷開始以来、毎週売れ行きトップのiPhoneとなっていると伝えています。

ただし、iPhoneの総売上台数である7,730万台は、前年同期比だと1%落ちています。この理由として、Appleの最高財務責任者であるLuca Maestriは、2017年のホリデイシーズンが、2016年と比べて1週間短かったためだとしています。

さらに、Appleは2018年1月時点において、アクティブデバイス数が13億台を突破したことを発表しました。過去2年で30%も成長したことになります。

なお、Appleは、2018年第2四半期(2018年1‐3月)の売上は600億〜620億ドルほどになるだろうと予想しています。

[Source:Apple , Bloomberg] (yorimorishima)

Return Top