新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

2018年iPhoneの生産台数は前年比6%の増加か

調査会社のTrendForceは、世界の2018年度のスマートフォン生産台数を予測しました。TrendForceによると、2018年は世界のスマホ生産台数が伸び悩む中で、Appleは昨年比6%の伸びになるだろうと予想しています。

伸び悩む2018年のスマートフォン市場

2018年のスマートフォン生産台数は低い成長率になるようです。そのため生産台数は、2017年の14億5,750万台から2018年は14億9,830万台の増加に留まり、前年比2.8%の伸び率になると、TrendForceは伝えています。

以前、TrendForceは伸び率が5%になると予想していたので、大幅に予測値が引き下げられたことになります。

また、伸び率が低い理由としては、買い替え需要の低下と市場の鈍化が挙げられています。

なお、2017年度のスマートフォン市場において、主要会社はフルスクリーンのモデルを販売し、消費者の購買意欲を高めて買い替え需要を狙いましたが、予想より売上は低い結果となりました。そのため、2017年第四四半期では、生産台数を減らす会社が多くありました。

スマートフォンの生産コスト増加が、価格の増加にも繋がり、予想よりも消費者の購買意欲を惹きつけなかったようです。このような流れが、2018年にも引き継がれ、スマートフォンの生産台数が低い伸び率となるのかもしれません。

Samsungの生産台数は対前年比5%減少

2018年のスマートフォン生産台数シェアは上からSamsung、Apple、Huaweiとなり、2017年と顔ぶれは変わらない予想です。

また、Samsungは2018年もトップのシェアを維持しますが、シェア率は対前年比で1.6%減の20.3%となるようです。さらに年間生産台数は約3億台となり、対前年比で5%の減少となります。

ただし低価格モデルのAシリーズやJシリーズの売上は、2018年も好調だとしています。

Appleの生産台数台数は対前年比6%増加

Appleは2017年と同様に、シェア率は2位を維持する予想です。そのシェア率は、対前年比0.5%増の15.7%になります。

また、Appleの2018年の生産台数は対前年比6%増加するようです。その理由としては、「Face ID」が搭載されてフルスクリーンデザインとなる、3モデルの次期iPhoneが発売されるためです。

TrendForceは、次期iPhoneの新機能とストレージ容量の増加、インド市場での成長が、Appleの伸び率増加につながると予想しています。

なお、高品質のスマートフォン販売を戦略とする日本のSonyは、市場の低下の影響を受け、シェア率は対前年比4%減少するとの予想です。

中国でのスマートフォン市場は成熟期

ここ最近、HuaweiやOPPO、Vivoといった中国ブランドのスマートフォンは、需要の急激な増加を受け、売上を大きく伸ばしていました。しかし、中国のスマートフォン市場が成熟期入ったため、需要は低下し、伸び率は鈍化するようです。

そのため、これらの中国系ブランドは、中国市場ではなく、新興国市場への進出が進むようです。

そのような状況の中でも、中国系ブランドのHuaweiはシェア率を11.6%に伸ばして、生産台数は約1億7,300万になると予想されています。

Huaweiは2018年において、低価格のスマートフォン生産台数を減らしたり、3Dセンサー技術の開発を進めるなど積極的な姿勢が評価されています。

また、東南アジアを中心にシェアを伸ばしていたASUSは、中国系ブランド進出の影響から、2018年の売上を伸ばすのは難しいとされています。そのため、ASUSの2018年の生産台数は800万台以下となる予想です。

2018年はフルスクリーンとデュアルカメラが主流に

TrendForceによると、2018年のスマートフォン市場は、フルスクリーンデザインとデュアルカメラが主流になるようです。

また、iPhoneは「Face ID」による顔認証、Samsungは虹彩認証によって生体認証システムを継続する一方で、その他のブランドは技術上の制限から、指紋センサーが使われるだろうとしています。

また、Androidスマートフォンに搭載される予定の埋め込み式指紋センサーや3Dセンサーは、2018年の後半まで大量生産はされないようです。

[Source:TrendForce ] (yorimorishima)

Return Top