予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

HomePod、AirPods、Apple Watchなど「その他の製品」の売上は3年で2倍に?

投資会社Guggenheimのアナリスト Robert Cihra氏は、Appleが詳細な売上を公開していない「その他の製品」は、今年急成長する製品群となり、その合計売上はiPadを越すだろうと予測しています。

「その他の製品」の売上は220億ドルに

Appleは、四半期決算などの業績データにおいて、iPhone、iPad、Mac以外の、HomePod、AirPods、Apple Watchなどを「その他の製品」として分類しています。そのため、「その他の製品」として分類されたHomePod、AirPods、Apple Watchの出荷台数や売上は公開されていません。

そんな中、Robert Cihra氏によると、「その他の製品」部門の売上は2019年には220億ドルに達するようです。2016年の「その他の製品」の売上は、110億ドルであったため、その売上は3年で2倍になるという予想です。

Appleは最近の四半期決算でも、Apple Watchが四半期最高の販売数となったことを伝えており、「その他の製品」の売上は伸びてきていることが分かります。

「その他の製品」の売上はiPadを越す?

また、Robert Cihra氏は、2018年だけでもHomePod、AirPods、Apple Watchが「その他の製品」の売上を190億ドルに伸ばすとしており、Appleの総収入の7%に及ぶと予想しています。そのため、「その他の製品」の売上は対前年比で34%増加することになります。

さらにRobert Cihra氏は、2018年のAppleの総収入内訳も予想しています。Robert Cihra氏によれば、iPhoneが63%、「サービス」部門が13%、Macが9%を占めるとしています。そして、7%を占めるとされる「その他の製品」は、iPadの割合を超すようです。

また、「その他の製品」の中でもApple Watchが売上の50%を占めると予想しています。そのため、Apple Watchは2018年において、対前年比26%増の2,200万本が出荷され、その売上は95億ドルになるとし、総収入の3.6%を占めるようです。

AirPodsとHomePodの売上も好調か

またAirPodsに関して、仮にAirPodsを7億5000万人のiPhoneユーザーの3%に販売すれば、2,300万台が売れ、その売上は30億ドル以上になるとしています。

この販売台数が達成されれば、AirPodsの売上は「その他の製品」の16%を占め、Apple総収入の1%を超えます。また、Beats製品による売上も越すことになります。

さらにHomePod関してRobert Cihra氏は、仮にHomePodをApple Musicの有料会員の10%に販売できれば、300万台以上が売れ、その売上は10億ドル以上になるとしています。

また、低価格モデルの「HomePod mini」が発売されれば、HomePodの売上はさらに伸びると予想しています。

[Source:Appleinsider] (yorimorishima)

Return Top