新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

iPhone SE2の発表はあるのか?Apple「WWDC 2018」まもなく開催!確認すべきページまとめ

※iPhone X Plus/iPhone SE2/iPhone9(仮称)などの情報は、正式にAppleが発表しているものではありません。海外のニュースサイトなどが情報源です。


Appleの「WWDC 2018」キーノート(基調講演)は現地時間6月4日午前10時(日本時間6月5日午前2時から)です。

今回、OS(iOS、macOS、watchOS、tvOS)を中心としたソフトウェア関連の内容が主となりそうですが、新型Macbook Pro、iPad Pro, そしてiPhone SE2の発表にも期待が高まっています。

というわけで、Appleの公式発表後、確認すべきページ(リンク)をまとめましたので、ブックマークして新製品の情報をチェッックしてください。

①リアルタイムにAppleの発表イベントを見たい方

6/4 日本時間6月5日午前2時から
↓まずAppleのライブ中継は↓
▶︎Appleのイベント中継サイト

■同時翻訳サイト 
▶︎MacWebCaster.com

混雑している場合はYouTubeで!

■国内メディア・ブログ
▶︎ギズモード・ジャパン
テキストや写真で確認出来る。

■海外メディアやブログ(英語)
▶︎The Verge

▶︎CNET.com

▶︎engadget.com

②Apple公式発表後 新製品を確認するページ

6月5日午前4時ぐらいから
Apple 公式ページ

▶︎Apple iPhoneのページ

▶︎Apple iPhoneスペック比較ページ

▶︎Apple iPadのページ

▶︎Apple Macのページ

WWDC2018、発表予想まとめ

開発者向けのカンファレンスWWDCでは、例年最新のOSの発表が行われてきたため、今年も新たなiOS、macOSが発表されることになりそうです。

iOS 12

「iOS 12」ではiOS/macOSに対応したユニバーサルアプリを開発できる機能が実装されると噂されていましたが、その後、2年ごとにiOSをメジャーアップデートさせる方針を定めることに変更したため、「iOS 12」では新機能の拡張はあまり見込まれていません。

しかし、「開発者がNFCチップにアクセス可能になる」という噂や、「画面が横向きでも「Face ID」で顔認証を行えるようになる」という予測も立てられているため、期待したいところです。

なんにせよ、iOSのアップデートで性能の品質が向上することはあきらかですので、マイナーアップデートだからといってそこまで落胆する必要はないかもしれません。

MacOS 10.14「Mojave」

新しいMacOSに関する噂として、Appleは「Mojave」「Sequoia」「Ventura」「Sonoma」という名称を新たなMacOSの名称として商標登録しており、このうち「Mojave」になることが有力視されています。

予測では、こちらもメジャーアップデートとはならず、品質の向上に関するアップデートになると言われていますが、iOS/macOS対応に対応するユニバーサルアプリの開発を行うことのできる機能の補助として、「ホーム」アプリが Macでも利用可能になるという予測も出ています。

また、「macOS High Sierra」から実装された新しいファイルシステム「APFS」が「Fusion Drive」に対応するという噂もあり、こちらにも期待したいところです。

WWDC2018で発表されそうなデバイスは?

海外メディアのBloombergによると、Appleは「MacBook Pro」「MacBook」「MacBook Air」などのデバイスの開発を進めているものの、発表されるのは今年の後半になると伝えられており、WWDC2018では最新のデバイスは発表されないだろうと報じられてはいますが、やはり期待をせずにはいられないものです。

現状、発表に期待できそうなデバイスをまとめてみました。

MacBook Pro

6月4日、海外メディアのAppleinsiderによって公開された最新の情報によれば、ベンチマークスコアを掲載している海外サイトの「Geekbench Browser」に新型モデルの「MacBook Pro」のものとされるベンチマークスコアが掲載されたとのことです。

AppleInsiderによれば、CPUはIntelの「Coffee Lake」シリーズの新型プロセッサ「Core i7-8750H」を搭載。

2.21GHzから4.1GHzまで「Turbo Boost」することができる6コアを採用、さらにメモリは「DDR4」32GBのRAMをを搭載すると伝えられています。

ベンチマークスコアはシングルコアスコアで4,902ポイント、マルチコアスコアは22,316ポイント。2017年のモデルよりも圧倒的に性能が上がっています。

機能面で新たなアップデートは報告されていないため、2017年モデルのスペックが上がった製品となりそうです。

MacBook / MacBook Air

台湾メディアのDigitimes(https://www.digitimes.com/news/a20180312VL201.html)によれば、Appleは今年13インチのMac Bookの開発を進めているとのこと。しかし、発売時期などは明らかにされていないことからも、WWDCでの発表に期待したいところです。

iPad Pro「iPad X」?

以前から「WWDCで発表されるのでは?」冬羽されていたのがベゼルレスデザインを採用し、「iPhone X」のデザインを踏襲した新型iPad Pro「iPad X」(仮称)。

こちらは、昨年も新型「iPad Pro」がリリースされたことにより、今年も「WWDCにて新しいiPad Proが発売されるのでは」という噂となりましたが、現状それ以上の有力な情報はありません。

海外メディアのBloombergでは、「iPadXは今年9月の発売になる」と報じられていることからも、望みは薄いかもしれませんが、期待は捨てずにいたいところです。

「iPhone SE2 (2018)」

いまやApple関連の様々なメディアで噂が絶えない「iPhone SE」の後継モデル「iPhone SE2」。

当初は、ベゼルレスデザインを採用せず、「iPhone SE」のデザインをそのまま踏襲し、機能面やスペックのみアップデートしたモデルになると噂されていましたが、今ではベゼルレスデザインを採用、「Face ID」を搭載下モデルになるという予測が主流となっており、様々なコンセプトイメージやリーク画像が公開されています。

「iPhone SE2」がWWDC18にて発表されるという根拠については、5月に、Appleからユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission)から承認を得た11つの新製品の中に、「iPhoneSE」の後継モデルである「iPhoneSE2」(仮称)の可能性が高いデバイスが発見されたことです。

通常通りであれば、Appleがユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission)から承認を得たデバイスは約1〜2ヶ月後には発売されるという傾向があるため、「WWDC18」で発表される可能性も考えられるようになりました。

一方で、ベゼルレスデザイン採用、「Face ID」を搭載するということにあたって、開発のコストや期間などに無理があるとして、発表されるとしても2018年第四四半期前半になるだろうと指摘しているメディアもあります。

個人的には、やはりスマートフォンデバイスである「iPhone SE2」の発表に大いに期待したいところです。

もしiPhone SE2が発表されたら、予約開始日や発売日は?

iPhone SEの後続機のiPhone SE2(仮称)ですが、もし発表となれば以下の日程が予想できます。

6/8(金) 予約開始
6/15(金) 発売日

iPhone SE2登場となれば、予約状況などの情報共有を予約ゲットコムでお願い致します。

Return Top