新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

「iPhone SE」「iPhone X」は今秋で販売終了する?

海外メディアのバロンズに掲載されたレポートによれば、Appleは今秋に「iPhone SE」「iPhone X」の販売を終了する方針であると伝えられています。

「iPhone SE」「iPhone X」販売終了?Appleは新型iPhoneに自信か

今年9月Appleは有機ELディスプレイを搭載した5.8インチモデル「iPhone XI」(仮称)、6.5インチの大型モデル「iPhone X Plus」(仮称)、液晶ディスプレイを搭載した6.1インチモデル「iPhone 9」(仮称)の3つのモデルのiPhoneを発売すると予測されています。

バロンズによれば、Appleはこの3モデルの新型iPhoneの需要が間違いなく高まると見込んでおり、今年第4四半期までに約9,100万台の新モデルiPhoneを製造し、2019年の第2四半期までにはさらに9,200万台を製造することを計画しているとのこと。

Apple製品について信頼度のの高い情報を発信し続けている元KGI証券のアナリストMing-Chi-Kuoによれば「iPhone XI」の価格は800〜900ドル、「iPhone 9」の価格を600〜700ドルで販売すると予測されています。

上位互換となる「iPhone XI」、廉価版となる「iPhone 9」の登場によって、昨年発売された「iPhone X」は需要は薄くなるため、販売終了に踏み切ると見られています。

さらに、「iPhone X」だけでなく、AppleはiPhoneシリーズの中では格安モデルとなる「iPhone SE」の販売終了も検討しているとのことで、これは、「iPhone SE」の発売から2年経過していること、またAppleはこれから比較的高価格帯のハイエンドモデルを展開していく方針であることが理由となっているようです。

また、今年は「iPhone SE2」発売の噂もあり、もし「iPhone SE2」が発売されれば「iPhone SE」の需要も低くなるのではないかという理由も囁かれています。

しかし、「iPhone X」の販売終了はともかくとしても、「iPhone SE」の販売終了には、少なからずユーザーの反発があると見られており、Appleが今後どういった動向となるのか気になるところです。

新たなiPhoneの発売が近づくたびに、「昨年のモデルの需要が低くなり販売終了になる」といった予測が公開されます。

需要が低くなることは確かですが、すでに生産した端末を販売せずに廃棄することは考えにくく、値下げして販売するなどの措置をとれば資金の回収にも繋がるため、個人的にはそこまで信憑性は高くないと思われますが、果たしてどうなるのでしょうか。

[Source:Forbes](yorimorishima)

Return Top