予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

新型iPhoneをスムーズに機種変更! iTunesでバックアップする方法


噂の「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone Xr」(仮称)がそろそろ出そうです。Appleの発表イベントは日本時間9月13日午前2時からです。▶︎iPhone Xsの予約攻略はこちら

新型iPhoneに機種変更をしたらまず、データのバックアップが必要になります。バックアップする方法はいくつかありますが、今回はiTunesを使った方法をご紹介します。新型iPhoneを手に入れたらすぐ機種変更できるようにしておきましょう。

iTunesバックアップの条件

iTunesでバックアップするには以下の3点を満たしておきましょう。

iTunesのダウンロード
・pcとiPhoneを接続する
・pcの空き容量を確保

iTunesでバックアップするメリット

・パスワードや設定もバックアップできる
・pcにデータが残る
・pcの容量分だけバックアップできる

iTunesでバックアップをすると、「バックアップを暗号化」することでほとんどのデータをバックアップできます。新型iPhoneに機種変更をしても、今まで使っていたiPhoneとほぼ同じ状態で使えるのです。

バックアップできるデータの種類

改めて設定を行うことが面倒な人には良い方法でしょう。バックアップできるデータは以下になります。

・通話履歴
・カレンダーのアカウント、イベント
・壁紙
・ネットワーク設定
・メールのアカウント
・連絡先
・写真、動画
・メモ、マップ、Safari、メッセージのAPPデータ など

バックアップを暗号化する

iTunesでバックアップをするときは「バックアップを暗号化」することでバックアップできるデータの種類が増えます。

・wi-fi設定
・保存しているパスワード
・LINEのトーク履歴など
・webサイトの履歴

バックアップの手順

1.iTunesを開きpcにiPhoneを接続。

2.「このコンピュータを信頼しますか?」とメッセージが出てきた場合は案内に従います。

3.iPhoneのマークが表示された部分を選択。

4.pcにバックアップするので「このコンピューター」を選択。

5.「バックアップを暗号化」する場合は赤丸部分を選択しパスワードを設定するとバックアップできます。「バックアップを暗号化」を選択するのは初回のみです。

※この設定したパスワードがないとiTunesでバックアップできません。以下2点に注意が必要です。

・忘れないようなパスワードにする
・パスワードを書いた紙を保管する

5.暗号化しない場合は今すぐバックアップを選択でバックアップできます。

6.きちんとバックアップできていれば赤丸部分にバックアップの履歴が記載されます。

これでバックアップは、完了です。

新しいiPhoneが来たらiTunesと同期させバックアップから復元します。
256GBなど大容量のiPhoneの場合、初回のバックアップには時間がかかるので、新型が手に入る前にちょくちょくバックアップしておき、スムーズに機種変更できる状態にしておきましょう。

(hmk)

▶︎iPhone Xsの予約攻略はこちら

 2018年9月10日
Return Top