新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

Apple、新型「iPad Pro」6月初旬のWWDCにて発表が確定か

Rosenblatt証券のアナリストJun Zhang氏によると、ベゼルレスデザイン採用、FaceIDを搭載した新型iPad Pro「iPad Pro」が、2018年6月4日〜8日に行われるとされている開発者向けのカンファレンス「WWDC(Worldwide Developers Conference)」にて発表される可能性があるとのことです。

「iPad Pro」は6月発表で確定か

以前にも、MacRumorsによる「2018年のWWDCにてiPadXが発表される」という予測はありましたが、今回の情報によりこの予測がさらに確信へと近づいた形となりました。

Appleはまだ公式にWWDCの日程を明らかにはしていませんが、開催地とされる「McEnery Convention Center(サンノゼマッケンナリー会議センター)」のスケジュールから予測すると、今年のWWDCの開催日は6月4日〜8日の間ということになります。

WWDCは開発者向けのカンファレンスではありますが、例年、次期OSに加えて、新型Mac、iPad Proなどが発表される傾向があります。

以前の予測と今回の予測を加味すると、6月のWWDCにて「iPad Pro」が発表される可能性はけして低くはありません。

「iPad Pro」は2モデル?OLEDディスプレイは非搭載か

Jun Zhang氏によれば、「iPad X」は10.5インチモデルと12.9インチモデルが展開されると見込まれています。

さらに、ホームボタンを廃止、FaceIDを搭載、ベゼルレスデザインを採用し、「iPhone X」をそのまま大きくシたような筐体となって登場する模様です。

デザインは「iPhoneX」に近いですが、ディスプレイについては、価格を抑えるためにOLEDディスプレイは採用せず、LCDディスプレイを搭載するとのこと。

iPadはiPhoneに比べディスプレイ面積が広くなっているため、その為のOLEDディスプレイを用意するコストを考えると納得の予測と言えるでしょう。

「iPad Pro」にFaceIDを搭載させるには「True Depthカメラ」のアップデートが必要?

なお、「iPad Pro」にFaceIDを搭載させるための問題点として、画面の方向と認証の範囲の2点があります。

一般的にiPadは縦向きと横向きを切り替えて使用することが多く、現状のTrue Depthカメラ(Face IDに用いられる認証カメラ)は横向きでの認証に対応していません。

さらに、「iPhoneX」での「TrueDepthカメラ」の認証範囲は限られているため、「iPad Pro」のサイズにて使用した時に不便さが生じることも懸念されています。

これら2つの課題をクリアするために、Appleはアップデートされた「TrueDepthカメラ」を開発する必要がありますが、果たしてどうなるのでしょうか。続報に注目です。

[Source:BARRON’s](yorimorishima)

Return Top