予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

iPhone7 Plusの望遠レンズは撮影条件によって全く機能しないことが判明!

iphone7-plus-474a6522
「iPhone7 PLUS」の魅力と言えば、まっ先に挙げられるのがデュアルカメラでしょう。これまでの広角レンズに加え望遠レンズが搭載されたのですから、カメラ性能面では大幅な進化と言えます。しかし、この望遠レンズは撮影条件によって全く機能しないことが判明しました。

望遠レンズで撮影したはずなのに、なぜか広角レンズで撮影されていた!

まず、下の写真をご覧ください。「iPhone7 PLUS」には、「広角レンズ」「望遠レンズ」の2つのレンズ(カメラ)が搭載されています。
s_i7c003-min

このため、iPhone7 PLUSのユーザーは「ズーム撮影には望遠レンズが使われる」と思っているはずです。(当然ですが・・・)しかし、私がズームで撮影した写真の情報を見てみると、望遠レンズではなく、なぜか広角レンズで撮影されていたのです。原因を調べてみると、意外な事実が判明しました。

暗い場所ではズームであっても自動的に広角レンズが使用される

下の図は、iPhone7 PLUSに搭載された2つのカメラ(レンズ)のスペックです。
s_spec01-min
(※赤枠で囲っている『光学手ぶれ補正なし』という点がポイントです。後ほど解説します。)

次に、問題の写真をご覧下さい。このように、だいぶ暗い場所で「2倍ズーム」の写真を撮影しました。
s_i7c02-min

そして、この写真をPCに取り込み、Macの「写真」アプリで情報を見てみます。
s_i7c01-min

すると、「カメラ情報」は以下のようになっていました。

iPhone 7 Plus back iSight Duo camera 3.99mm f/1.8

「 f/1.8」となっていることから、ズーム撮影にも関わらず望遠レンズではなく広角レンズで撮影されていることが分かります。(※レンズのスペック表参照)つまり、この写真は広角レンズで撮影した写真を引き伸ばした「デジタルズーム」の写真というわけです。デジタルズームは被写体部分だけを切り抜いて拡大するわけですから、荒い画像となり写真の質は落ちます。「なぜ、望遠レンズが使われていないのか?」と思い調べてみると、意外なことが分かりました。それは・・・

iPhone7 PLUSのカメラは暗い場所で撮影する場合、手ぶれを防ぐためにズーム撮影でも「広角レンズ」を使うことがある。

ということです。このように聞くと疑問なのが、「iPhone7 PLUSには光学式手ぶれ補正機能がついてたのでは?」ということです。ここで再び先ほどのレンズスペック表を見ていただきたいのですが、光学式手ぶれ補正機能が付いているのは実は「広角レンズだけ」なのです。本来であれば、手ぶれが発生しやすいはずの「望遠レンズ側」にも手ぶれ補正機能を付けるべきなのでしょうが、この辺は次期「iPhone8」で解決されることを祈りましょう。

望遠レンズの機能を生かすには明るい場所で撮影すること

以上の内容を踏まえると、残念ながら「iPhone7 PLUS」の望遠レンズは明るい場所でしか機能しないということになります。「明るくない場所でも望遠レンズで撮影したい」という人は、従来通り望遠レンズキットを使う以外なさそうです。

こうやって見ると、完成の域に達しつつあるiPhoneのカメラ機能にも、まだまだ改良・進化の余地があるということですね。尚、10月末頃に予定されているiOS10.1へのアップデートでは、カメラにポートレートモードが搭載される見込みだといいます。この機能によって、「iPhone7 PLUS」でも一眼レフカメラ並みに背景をボカした写真が撮影できるようになります。ハードの進化は1年後になりますが、OSアップデートによるソフト面の進化にも期待したいものですね。

瀬戸さんも動画で紹介しています。

(take211)

Return Top