予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

【iOS 12】iPhone アプリの削除をできないようにする設定方法


ご存知のとおり、iPhoneはホーム画面のアイコンを長押しすることでアプリの削除ができますが、誤って必要なアプリを削除してしまうケースもあります。

そこでぜひ、活用したいのがアプリの削除をできないようにする機能制限という設定方法です。

ただ、この設定は「iOS12」からスクリーンタイムに統合されてしまい、やや分かりづらくなってしまいました。

そこで今回は、「iOS12」でアプリの削除をできないようにする設定方法について紹介します。

「iOS12」でアプリの削除をできないようにする設定方法

設定アプリで「スクリーンタイム」をタップします。

続いて「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

「コンテンツとプライバシーの制限」をオンにして「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップします。

「Appの削除」を「許可しない」に設定すれば完了です。なお、この項目では「App内課金」を制限することもできます。

設定が完了したらホーム画面でアプリアイコンを長押ししてみましょう。アプリを削除する×マークが表示されなくなっているはずです。

(te7373)

Return Top