予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

【Plusユーザーからの視点】「iPhone7 Plus」から「iPhone X」へ機種変更して感じたこと


今回、私はラッキーなことにiPhone Xを発売日にゲットすることができました。そこで、iPhone7 PlusからiPhone Xへ機種変更して感じたことを簡単にまとめてみたいと思います。特に5.5インチのPlusユーザーの方に読んでいただきたいです。

サイズ感や操作性


iPhone Xを手にしてまず感じたのは、「想像以上にコンパクトだ」ということです。感覚的には、iPhone7やiPhone8をほんの一回り大きくした感じでしょうか?これまで使ってきたiPhone7 Plusは、特に横方向の大きさが気になっていたのですが、iPhone Xはかなりスリムで握りやすいです。ちなみに両者の幅の差は約7mm。数字にすると大したことはありませんが、持ってみると全くサイズ感が異なります。

また、コンパクトになったことで、片手操作できる範囲が広くなるなど、操作性は大きく向上しました。ただし、ホームボタンがなくなり、サイドボタンを使うよう変更された操作(Apple payの呼び出しやスクリーンショット撮影など)は逆に使いにくくなった気がします。この辺は一長一短といったところでしょうか?

画面の見え方を比較

では、次に実際の画面写真を使って両モデルを比較してみたいと思います。下の写真は、Safariを利用しているところですが、iPhone X(右)は縦方向にディスプレイが広いため、iPhone7 Plusより情報量が多く表示されています。(赤枠の部分)

また、iPhone Xは一部で「画面が黄色い」といわれているようですが、これはデフォルト設定でTrueToneがONになっているためです。自然な色合いを表現するために搭載されているTrueToneですが、気になる方は「設定」→「画面表示と明るさ」と進みTrueToneをOFFにすれば解決します。

【左:iPhone7 Plus、右:iPhone X】

次に、YouTubeアプリを使って動画を表示してみたのですが、ここでiPhone Xの大きな欠点を発見してしまいました。まずは、下の画像をご覧ください。

【上:iPhone7Plus、右:iPhone X】

ともにYouTubeの動画を横表示にしているのですが、なんとiPhone 7Plusの方が大きく表示されています。

不思議に思い、iPhone Xの画面を見てみると、両端に黒い帯が表示されており、動画がフルサイズ表示されていませんでした。

そこで、動画表示部分を測ってみると、なんと5インチ程度しかありません。おそらく上部にノッチ部分があるためと推測できますが、これはかなり残念ですね。なお、動画再生中に画面両端を外側へピンチアウトすると無理やり(?)全画面表示できるようですが、今度は縦方向の表示領域が足りずに画面上下が切れてしまいます。

iPhone Xは特殊な形状のディスプレイを利用しているため、最適化されていないアプリでは表示面で不具合が生じるようです。ここは、早めの対処を期待しましょう。

【上:iPhone7Plus、右:iPhone X】

なお、参考のためiTunes Storeアプリで映画を見てみたところ、こちらはiPhone Xに最適化されており、フルサイズでも快適に視聴できました。さすが純正アプリですね。

「iPhone X」の良い点


iPhone Xへ乗り換えてみて最大のメリットだと感じたのは、やはりFace IDです。Apple Payを利用する時や通知を確認したい時etc・・・画面を見るだけでロックが解除されるのは便利としか言いようがありません。また、ホームボタンがなくなったことでジェスチャー操作が導入されましたが、こちらも意外なほど早く慣れました。

ただし、Face IDに関しては残念に感じる部分もあるので、そこは「悪い点」の欄に記します。

また、iPhone Xは新しくなった有機ELディスプレイも大きな魅力です。私は、もともとiPhone 7Plusのディスプレイにも満足していたのですが、iPhone Xのディスプレイは明らかにワンランク上の美しさです。ちなみに、iPhone Xのディスプレイはスペック上でもピクセル密度、コントラスト比、HDR対応といった面でiPhone7 Plusのディスプレイに優っています。

「iPhone X」の悪い点


iPhone Xを使ってみて残念に感じたのは、たまにFace IDで認証に失敗することです。そして、認証で失敗するとパスコードの入力を求められるのですが、これは結構煩わしく感じます。(パスコードの入力をキャンセルして、再度顔認証を行うこともできます。)

また、先ほど触れた通り、iPhone Xは最適化されていないアプリとの相性がいま一つです。ただし、この点は対応アプリが出ることで徐々に解消されていくでしょう。

それから、iPhone Xはロック解除後に画面をスワイプアップしないとホーム画面が表示されません。わずかワンアクションなのですが、ちょっと面倒な気もしますね。

結局、「iPhone X」は買いなのか?


iPhone Xを使い始めて2週間。「iPhone Xは買いなのか?」と聞かれたら間違いなく「買い」だと思います。基本性能がアップしていることはもちろん、Face IDや美しいディスプレイ、ワイヤレス充電などなど。こんなに満足度の高いスマホは他にないと思います。

それから、iPhoneは、2014年のiPhone6以降、ほぼ同じデザインでしたからiPhone Xの斬新なデザインはやはり魅力的ですね。

「iPhone8 / 8Plus」という選択はありなのか?


このようにiPhone Xを一押ししたい私ですが、だからといって決してiPhone8 / 8Plusを否定的に考えているわけではありません。

まず、基本性能でみると、iPhone8 / 8PlusはiPhone Xに決して劣っていません。むしろ、ベンチマークテストではiPhone Xを上回るスコアを出しているようです。また、iPhone XのFace IDは確かに便利ですが、たまに認証で失敗することや認証スピードを考えると、実用面ではまだTouch IDに敵わない面もあります。

iPhone Xは、全くのニューモデルということで脚光を浴びていますが、実用性や使いやすさという点を考えた場合、Phone8 / 8Plusという選択は、十分に「あり」ではないでしょうか?

(執筆 : take211)

Return Top