予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

「次期iPhone X(2018年新型)」はバッテリー容量が10%程度アップか?


KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、2018年に3モデルのiPhoneが発売されると予想していますが、最新のレポートで「どのモデルもバッテリー容量は10%程度アップするだろう」と語っています。

2018年版iPhone X / XPlusは大容量化されたL字型バッテリー搭載?

Kuo氏によると、2018年発売のiPhoneはすべてTrueDepthカメラを搭載するため電力消費量が大きく、これによりバッテリーの大容量化が必要になるとのこと。

このうち、5.8インチの「iPhone X」後継機、6.5インチの「iPhone X Plus」は大容量化されたL字型バッテリーを搭載。容量はそれぞれ2,900〜3,000mAh、3,300〜3,400mAh程度となるようです。

これに対して、噂される6.1インチのローエンドモデルはコストの関係から従来通りの長方形型バッテリーを搭載するようですが、それでも「iPhone8」シリーズよりは容量が大きくなる見込みだそうです。

Appleは2018年から電源管理チップを自社製造する?

一方、AppleはiPhoneを一層省電力化すべく、2018年から電源管理チップを自社製造する可能性があるようです。

情報元のNikkei Asian Review関係者によると、早ければ来年中に半分のチップを自社製造化する可能性もあり、2018年以降のiPhoneはバッテリー持続時間が大きく向上するかもしれません。

Appleは「iPhone8 / 8Plus」「iPhone X」から自社開発のGPUを搭載していますが、今後も主要部品の内製率を高めていくものと思われます。

(参照 : Mac Rumors , Nikkei Asian Review ) (執筆 : take211)

次期iPhone X(2018年モデル)噂一覧
※複数メディアの噂・情報まとめ

・6.5インチディスプレイの「iPhone X Plus」が追加される
・6.1インチLCDディスプレイのローエンドモデルが追加される
・デュアルSIMを搭載、LTE通信速度が大幅アップする
・2018年に発売されるiPhoneはすべてFace IDを搭載。Touch IDは廃止される
・大容量化されたL字型バッテリー搭載。容量は10%程度アップ
・自社製造の電源管理チップ搭載

Return Top