予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

iPhone 11 Pro(iPhone XI Pro)の最小ストレージは128GB、ホログラム状のレインボーロゴを採用か?


Apple関連の情報に詳しいEverythingAppleProが自身のYouTubeチャンネルで、新型iPhone 11 Proに関する最新のリーク情報や噂を公開しています。

情報元は新型iPhoneに搭載される改良型Taptic Engine(Leap Taptic)をリークしたXDAMax Weinbach氏。

ただし、今回の情報の信ぴょう性については不明です。

iPhone 11 Pro/Pro maxの最小ストレージは128GBに?

Max Weinbach氏によると、新型iPhone5.8インチ/6.5インチモデルのストレージ容量は128GB/256GB/512GBになるとのこと。

ただし、6.1インチモデルのストレージ容量については不明と言及しています。
(画像出典 : YouTube )

同様の内容は、Android製品のリーク情報に詳しいSudhanshu Ambhore氏も伝えており、この情報についてはかなり確度が高いと思われます。

ホログラム状のレインボーロゴを採用か?

MacRumorsは、7月に「Appleは今年後半に発売する一部製品でレインボーのAppleロゴを復活させるだろう」と報じています。

【参考】従来のレインボーロゴ
(画像出典 : Etsy.com

Weinbach氏によると、このレインボーロゴは新型iPhoneで採用されるとのこと。

ただし、従来通りのレインボーロゴではなく、見る角度や光の当たり具合で虹色に変化するホログラム状のロゴになる模様です。(下記画像参照)

(画像出典 : YouTube )

さらに、新型iPhoneのバックパネルはマット調の仕上げになり、ゴールドモデルは色合いが変更されるとのこと。

おなじみMing-Chi Kuo氏は、新型iPhoneのボディにすりガラス素材が採用されると予想していることから、やはりボディの質感は大きく変わるものと思われます。

iPhone 11(6.1インチモデル)はディスプレイの質が向上?

一方、スタンダードモデルのiPhone 11(6.1インチモデル)について、Weinbach氏は「ディスプレイのアンチエイリアス(※)が改善され、パネルの質も向上するだろう」と予想しています。

【※アンチエイリアス】
ディスプレイに表示される画像のギザギザ(エイリアス)を目立たなくする加工・技術のこと。

なお、2020年発売のiPhoneは全モデルが有機ELディスプレイを採用するといわれており、iPhone 11(6.1インチモデル)はLCDを搭載する最後のモデルとなりそうです。

▼【動画】iPhone 11 Pro & Triple Lens iPads! Exclusive Leaks!

2019年新型 iPhone XI(11)発売日・予約開始日の予想

発表〜予約〜発売日の予想
発表イベント2019年 9/10
予約開始 9月13日(金)16時1分
発売日 9月20日(金)

iPhone XI(11) 発売日と予約開始日 スペック・デザイン噂まとめ【2019年新型】

iPhone 11(仮称) 予約攻略
新型iPhone 11(仮称) シリーズが発売日に欲しい方は、そろそろ予約方法の把握と準備をしておきましょう。以下2018年のiPhone XSやXRの予約方法が参考になるはずです。

▶︎ソフトバンクiPhone XI(仮) 予約攻略

▶︎ドコモ iPhone XI(仮) 予約攻略

▶︎KDDI au iPhone XI(仮) 予約攻略

【simフリー版】
iPhone XIを最速で予約完了させる方法 【Apple Storeアプリ編】

iPhone 11(XI)の噂まとめ 一覧

【iPhone XI(11) の噂まとめ】
・全モデルが9月中に発売か?
・名称は5.8インチiPhone XI Pro/6.5インチインチiPhone XI Proになる?
・背面ロゴはホログラム状のレインボーカラーになる?
・A13プロセッサは6〜12%の省電力化、マルチコア性能とGPU性能が大幅アップ
・iPhone XI/XI MaxのRAM容量は4GBで変わらず。iPhone XIRのRAM容量も4GBとなる(前年モデルは3GB)
・「3D touch」に代わり新しいTapticEngine「Leap Taptic」が搭載される
・ワイヤレスパワーシェアに対応。他のデバイスへワイヤレス給電可能になる
・メインカメラは3レンズ仕様になり、3〜5倍ズームを搭載。Live Photosは6秒撮影可能になる
・フロントカメラは1,200万画素にスペックアップ
・次世代通信規格の「Wi-Fi6」に対応し通信速度がアップする
・引き続きLightningポートを採用し、18Wの電源アダプタが同梱される
・iPhone XIのバッテリー容量が20〜25%程度、iPhone XI Maxのバッテリー容量が10〜15%程度アップする
・5Gには非対応。5G化されるのは2020年?

(Source : YouTube

(te7373)

Return Top