予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

iPhone 公式オンライン予約サイト
新型 iPhone 予約受付中!

▶︎ドコモオンラインショップ

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎au Online Shop

iPhone 11 Proのケースがリーク。Appleロゴの位置が変更に。果たして実物か?


リーク情報でおなじみBengeskin氏が次期iPhone 11のものとされるケース画像を公開しました。

パッケージには「iPhone 11 Pro」「iPhone 11」「iPhone 11 Pro Max」と記されており、これが正式名称ということでしょうか?

今回の画像を見て気になったのは、Appleロゴの位置です。

左側iPhone XSのケースに比べ、右側iPhone 11 ProのケースはAppleロゴがかなり下へ変更されています。

(画像出典 : Twitter Bengeskin )

この点について、Geskin氏は「以前作成したレンダリング画像はAppleロゴの位置が高すぎた。中央配置の方がバランスの取れたデザインです。」と語り、新しいレンダリング画像を公開しました。

左が以前のレンダリング画像、右が新しいレンダリング画像。確かに新しいレンダリング画像の方がバランスが取れています。

(画像出典 : Twitter Bengeskin )

Appleロゴの位置が変更された理由は?

では、一体なぜAppleロゴの位置が変更されるのでしょうか?

まず考えられるのは、カメラバンプ部分の大型化です。

ご存知の通り、iPhone 11シリーズは背面にスクエア型の大型カメラバンプを搭載するため、上下のバランスを考えてロゴ位置が変更されるのかもしれません。

また、iPhone 11シリーズではiPhoneロゴが廃止されるという噂もありますが、これはAppleロゴの位置を中央に変更するためなのかもしれません。

なお、Geskin氏は新しいAppleロゴの位置について「(双方向ワイヤレス充電で)Air Podsを充電する際の置く場所を表示する役割もあるのでは?」と語っています。

今回のケースはフェイクの可能性も

一方、今回のケースについては、純正品を模したフェイクの可能性もあります。

Appleは自社製品の情報管理を徹底しており、新モデルの名称が記された純正ケースを現段階で流通させる可能性は非常に低いはずです。

また、同社は製品のフライング販売や展示を厳格に禁じていることから、やはり今回のケースは純正品ではないフェイクの可能性が高いのかもしれません。

(Source : Twitter Bengeskin )

2019年新型 iPhone XI(11)発売日・予約開始日の予想

発表〜予約〜発売日の予想
発表イベント2019年 9/10
予約開始 9月13日(金)16時1分
発売日 9月20日(金)

iPhone XI(11) 発売日と予約開始日 スペック・デザイン噂まとめ【2019年新型】

iPhone 11(仮称) 予約攻略
新型iPhone 11(仮称) シリーズが発売日に欲しい方は、そろそろ予約方法の把握と準備をしておきましょう。以下2018年のiPhone XSやXRの予約方法が参考になるはずです。

▶︎ソフトバンクiPhone XI(仮) 予約攻略

▶︎ドコモ iPhone XI(仮) 予約攻略

▶︎KDDI au iPhone XI(仮) 予約攻略

【simフリー版】
iPhone XIを最速で予約完了させる方法 【Apple Storeアプリ編】

iPhone 11(XI)の噂まとめ 一覧

【iPhone XI(11) の噂まとめ】
・全モデルが9月中に発売か?
・名称は5.8インチiPhone XI Pro/6.5インチインチiPhone XI Proになる?
・ディスプレイパネルは引き続きサムスンが製造。Galaxy S10やNote10と同じパネルを搭載する
・Face IDが広い範囲をスキャンできるよう改良され、iPhoneを置いた状態でロック解除可能に
・iPhone 11 Pro(5.8/6.5インチモデル)はApple Pencilをサポート。iPhone用に小型化されたApple  Pencilが発売される?
・背面ロゴはホログラム状のレインボーカラーになる?
・A13プロセッサは6〜12%の省電力化、マルチコア性能とGPU性能が大幅アップ
・iPhone XI/XI MaxのRAM容量は4GBで変わらず。iPhone XIRのRAM容量も4GBとなる(前年モデル は3GB)
・「3D touch」に代わり新しいTapticEngine「Leap Taptic」が搭載される
・ワイヤレスパワーシェアに対応。他のデバイスへワイヤレス給電可能になる
・メインカメラは3レンズ仕様になり、3〜5倍ズームを搭載。Live Photosは6秒撮影可能になる
・フロントカメラは1,200万画素にスペックアップ
・次世代通信規格の「Wi-Fi6」に対応し通信速度がアップする
・引き続きLightningポートを採用し、18WタイプのUSB-C電源アダプタが同梱される
・iPhone XIのバッテリー容量が20〜25%程度、iPhone XI Maxのバッテリー容量が10〜15%程度アップする
・5Gには非対応。5G化されるのは2020年?

2019年9月8日
Return Top