予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

iPhone 公式オンライン予約サイト
新型 iPhone 予約受付中!

▶︎ドコモオンラインショップ

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎au Online Shop

iPhone 11とiPhone11 Pro/Maxの違いを実機で比較!2眼と3眼で写真・映像はどう違う?

※10月1日更新版iPhone11 promax違い・比較ついに登場した2019年の新型iPhoneですが、3つのモデルが存在すること、そして比較的大きな価格差があることから、どのモデルを買うか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?また今回のモデルは5G対応ではないので購入を見送った方も多いかと思います。

この記事では、実機レビューとともに「iPhone11」と「iPhone11 Pro/Pro Max」の違いについて紹介していきます。▶︎【実機レビュー】iPhone11とiPhone XRの違いはこちら

「iPhone11」と「iPhone11 Pro/Pro Max」の主な違い

まずは、「iPhone11」と「iPhone11 Pro/Pro Max」のサイズやカラーバリエーション、ストレージなど基本的な部分をごく簡単にまとめてみました。

・本体サイズ、ディスプレイサイズ、重さともに「iPhone11 Pro」 < 「iPhone11」 < 「iPhone 11 Pro Max」の順となっている

・カラーバリエーションは「iPhone11」が6色、「iPhone11 Pro/Pro Max」は4色展開

・プロセッサは全モデルが「A13 Bionic」を搭載

・「iPhone11」のボディはアルミニウムとガラス。「iPhone11 Pro/Pro Max」はステンレススチールとテクスチャードマットガラス

・「iPhone11」の最大ストレージは256GB。「iPhone11 Pro/Pro Max」の最大ストレージは512GB

・ディスプレイは「iPhone11」のみLCD。有機EL搭載「iPhone11 Pro/Pro Max」のディスプレイは昨年より大きく性能アップ

・防水・防塵規格は全モデルIP68だが、「iPhone11 Pro/Pro Max」の方が高性能

・メインカメラの広角/超広角レンズは全モデル共通。「iPhone11 Pro/Pro Max」のみ望遠レンズ搭載

・前面カメラは全モデル1,200万画素にスペックアップ

・ビデオ再生時間を比較すると「iPhone11 Pro Max」は20時間、「iPhone11 Pro」は18時間、「iPhone11」は17時間

・「iPhone11 Pro/Pro Max」に高速充電用25W電源アダプタ付属。「iPhone11」は別売り

これらの内容を見ると「iPhone11」は非常に優秀でコスパに優れた端末です。主要な機能やパーツなどは「iPhone11 Pro/Pro Max」と同等、違いといえばディスプレイやカメラが中心です。

最新のディスプレイやカメラにこだわらないということであれば、「iPhone11」はもっとも賢い選択肢といえるのかもしれません。

では、「iPhone11」と「iPhone11 Pro/Pro Max」の2眼と3眼の大きな違いについて見ていきましょう。

2眼と3眼 カメラ性能の比較

メインカメラは「iPhone11」が広角/超広角のデュアル、「iPhone11 Pro/Pro Max」はこれに望遠レンズを加えたトリプルカメラを搭載しています。

広角/超広角で撮影した写真

下の写真はiPhone11 Proの 広角(1x)→ 超広角(0.5x)→光学ズーム(2x)→デジタルズーム(10x)の順で撮影したものです。
iPhone11 Pro 広角(1x)

iPhone11 Pro超広角(0.5x)

iPhone11 Pro光学ズーム(2x)

iPhone11 Pro デジタルズーム(10x)

下の写真はiPhone11 Proの 広角(1x)→ 超広角(0.5x)→デジタルズーム(10x)の順で撮影したものです。

iPhone11 Pro 広角(1x)

iPhone11 Pro超広角(0.5x)

iPhone11 Pro デジタルズーム(10x)

iPhone11との大きな違いは、Proのデジタルズームが10倍に対して5倍だということです。以下はiPhone11 デジタルズーム(5x)での写真です。

iPhone11 Pro 広角(1x)

iPhone11 Pro超広角(0.5x)

iPhone11 Pro デジタルズーム(10x)

下は無印iPhone11のデジタルズーム(5x)での写真です。

広角、超広角についてはiPhone11シリーズは3モデルとも全く同じなので、10倍の望遠で撮りたい方はiPhone11 Proシリーズ、5倍で大丈夫な方は11を選ぶ という選択でもいいかと思います。

また、iPhone11とiPhone 11 Proはフロントカメラでも広角モードができ、大人数でのセルフィー撮りも可能になっています。右がインカメラの広角モードで撮影したもの、。

カメラの比較表(写真)
(参考 : Apple公式サイト )

3つ目のレンズ、望遠が必要な方はProといった感じです。写真においてはiPhone11は最大5倍のデジタルズーム。そしてProが最大10倍のデジタルズームです。動画撮影に関してはPhone11は最大3倍のデジタルズーム。そしてProが最大6倍のデジタルズームとなっています。

ポートレート撮影

以下はiPhone11 Proでポートレート撮影したもの


下の写真はiPhone11でのポートレート写真

ポートレート撮影においては、iPhone11 Proの方がアップで撮影できました。

その他、「iPhone11」シリーズは全モデル共通でナイトモードに対応。これにより、光量の不足している場面でも明るい写真が撮影可能となりました。

下の写真はほぼ暗闇で撮影したもので、左がiPhone XR、右がiPhone11のナイトモードで撮影したものです。

こちらは薄暗くして撮影したもの 左がiPhone XR、右がiPhone11 Proののナイトモード

フラッシュがたけない時などに役立ちそうです。

動画撮影

下の動画はiPhone 11 Proでズームインやズームアウトしながら撮った映像です。

こちら↓はiPhone11で撮影した動画

「iPhone11」と「iPhone11 Pro/Max」動画撮影においては、「iPhone11」のデジタルズームが最大3倍、Proが6倍までできるという点だけが違います。

今回11シリーズは全てインカメでも4K動画(最大60fps)が撮れます。望遠にこだわらない方は、価格も一番低いiPhone11で全然大丈夫そうです。しかし持った感じのサイズ感も重要でしょう。

ボディサイズの比較

「iPhone11」と「iPhone11 Pro/Pro Max」はサイズがかなり異なります。

注意すべきなのは「iPhone11」が「iPhone 11 Pro」よりも大きい点。

左から「iPhone11」「iPhone11 Pro」「iPhone11 Pro Max」

片手操作を考えると「iPhone11」(6.1インチ)はむずかしく、「iPhone11 Pro」(5.8インチ)は可能、「iPhone 11 Pro Max」(6.5インチ)は無理といったところでしょうか?

そこで、各モデルのサイズと重さをまとめてみました。

(参考 : Apple公式サイト )

サイズも気になりますが、もっとも注意すべきなのは重さかもしれません。特に「iPhone11 Pro Max」の重さはコンパクトモデル「iPhone SE」のほぼ2台分です。

「iPhone 8」などの小型モデルから買い換える方は、一度店頭で全モデルを手にとってみた方がよさそうです。

下の写真は 左から 8, 11 pro, 11 ,Max

デザイン・カラーバリエーションの比較


iPhone11シリーズは昨年モデルからデザインの大きな変化がありません。

両モデルの違いですが、「iPhone11」がアルミフレームに光沢のあるガラス素材を採用しているのに対し、「iPhone11 Pro/Pro Max」はステンレスフレームにテクスチャーマットガラス(つや消し)という組み合わせ。

カジュアルな印象の「iPhone11」に対して、高級感・重厚感のある「iPhone11 Pro/Pro Max」といった感じでしょうか?

カラーバリエーションは「iPhone11」がホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッドの6色展開。

一方、「iPhone 11 Pro/Pro Max」はシルバー、スペースグレイ、ゴールド、ミッドナイトグリーンの4色展開。

中でも新色ミッドナイトグリーンのシックな美しさは注目です。「iPhone7」ジェットブラック以来の人気カラーとなるでしょうか?

(参考 : Apple公式サイト )

全カラーの動画も参考にどうぞ

ディスプレイの比較

「iPhone11」が従来同様LCDの「Liquid Retina HDディスプレイ」を採用したのに対して、「iPhone 11 Pro/Pro Max」は大幅に性能アップした有機ELの「Super Retina XDRディスプレイ」を搭載してきました。

このディスプレイは「iPhone XS/XS Max」の「Super Retinaディスプレイ」に比べてコントラスト比が200%、明るさが30%、エネルギー効率が15%アップ。

両モデルのディスプレイは解像度、HDR対応などでも仕様が異なりますので、単純に性能面では大きな差があります。

一方、「iPhone 11 Pro/Pro Max」のディスプレイは3D Touchが廃止され、「iPhone XR」で始めて採用されたHaptic Touchを搭載しました。

(参考 : Apple公式サイト )

プロセッサとRAMの比較

(画像出典 : YouTube )

プロセッサは全モデルが最新のA13 Bionicプロセッサを搭載しています。

また、昨年モデルは「iPhone XS/XS Max」と「iPhone XR」でRAM容量に差があったのですが、今年は全モデルのRAM容量が4GBと統一されました。

プロセッサとRAMが同一ということで、iPhone11シリーズはパフォーマンスの差がほとんど出ないはずです。

(参考 : Apple公式サイト )

バッテリー持続時間の比較

「iPhone11」シリーズは省電力性能に優れたA13 Bionicプロセッサを搭載したこと、バッテリー容量のアップによって前モデルよりバッテリー持続時間が大きく伸びています。

中でも「iPhone11 Pro/Pro Max」はバッテリー持ちが大きく改善しており、前モデル「iPhone XS/XS Max」よりも持続時間がそれぞれ最大で4時間、5時間も長くなっています。

また、「iPhone11 Pro/Pro Max」には新たに25W電源アダプタとLightning-USB-Cケーブルが同梱されたのも特長です。

これに対して「iPhone11」には従来通りの5W電源アダプタとLightning-USBケーブルが付属するため、高速充電を利用するには電源アダプタとケーブルを追加購入する必要があります。
(参考 : Apple公式サイト )

防水・防塵性能の比較

(画像出典 : YouTube )

「iPhone11」は「iPhone XR」より防水・防塵機能がアップして、「iPhone11 Pro/Pro Max」と同様のIP68規格に対応しました。

ただし、規格上では同一表記となるものの、「iPhone11 Pro/Pro Max」は昨年モデルより防水・防塵機能がアップしています。

具体的には「iPhone11」が水深2mで最大4時間耐えられるのに対して、「iPhone11 Pro/Pro Max」は水深2mで最大4時間耐えられる性能を有しています。

(参考 : Apple公式サイト )

ストレージ容量と価格の比較(消費税10%込)

iPhone11/Pro/Maxラインナップ

ストレージ容量は「iPhone11」が64GB/128GB/256GB、「iPhone11 Pro/Pro Max」が64GB/256GB/512GBと昨年モデル同様のラインナップです。

SIMフリー版の価格(消費税10%)は以下の通り。昨年モデルより価格が抑えられており、特に「iPhone11」はかなり求めやすい価格帯といえるのではないでしょうか?

(参考 : ▷Apple公式サイト )

3キャリア一括価格の比較(消費税10%)

各キャリア版の価格・料金については以下の記事を参考にしてください。

(参考 : Apple公式サイト )
(te7373)

2019年10月1日
Return Top