予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

2020年の新型iPhone XII(12)はToFセンサー追加で4レンズカメラになる?


DigiTimesによると、2020年に発売されるiPhone XII(12)はToFセンサー(Time of Flight)を追加した4レンズカメラになる可能性が高いようです。

ToFセンサーとは、光が反射する時間差を用いて被写体との距離を測る装置。

記事によると、AppleはToFセンサーに用いるVCELS(垂直共振器面発行型レーザー)の大量調達に向け、Lumentum社に打診を行なっているとのこと。

また、供給不足のリスクを避けるために他のサプライヤーへの設備投資も予定しているようです。

ToFセンサーの搭載で2010年のiPhone XIIはどうなる?

ToFセンサーはiPhoneと被写体との距離を測定するものですが、現行モデルではTrueDepthカメラが同じ役割を担っています。

MacRuomrsによると、TrueDepthカメラは25cm〜50cmの距離でのみ計測可能なのに対し、ToFセンサーでは計測距離が1.5mにまで拡大されるとのこと。

これにより正確な奥行き感が表現できるようになることから、AR機能が強化され、通常のカメラとしても性能が大きく進化することになりそうです。

なお、今回の報道を受けBenGeskin氏は独自に作成したiPhone XII(12)のレンダリング画像を公開しました。

スクエア型バンプ右上にあるのがフラッシュ、右下に見えるのがToFセンサーです。

一方、こちらは今年発売されるiPhone XIのレンダリング画像です。バンプの右下部分が空いていてやや不均衡に思えますが、ひょっとすると2020年のToFセンサー搭載を踏まえてこのデザインとなったのかもしれません。

(画像出典 : Twitter Steve H.McFly )

(Source : DigiTimes , MacRuomrs

(te7373)

Return Top