予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

2020年発売の「iPhone12」は従来より大容量のバッテリーを搭載か?


韓国の経済誌The ELECは2020年に発売される「iPhone12」について、従来より大容量のバッテリーを搭載するだろうと報じています。

これは、「iPhone12」のバッテリー保護モジュールが最大50%小型化される見込みであり、本体内部のスペースに余裕が生まれるため。

バッテリー保護モジュールとはバッテリーの過充電・過放電を制御し、バッテリーを保護する装置。

「iPhone12」のバッテリー保護モジュールは韓国のITMセミコンダクタが供給するといわれています。

ただし、「iPhone12」は5G化とToFセンサー搭載により、バッテリーの消費量が増えることが確実視されています。

このため、バッテリーの大容量化によって、どれだけの恩恵が受けられるのかはわかりません。

【関連記事】 : iPhone 12(仮) 発売日と予約開始日の予想と新デザイン噂まとめ【2020年新型】

(Source : The ELEC )

(te7373)

Return Top