予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

「iPhone13」の望遠レンズは7枚構成、「iPhone14」の高倍率の望遠レンズを搭載か?


今年発売される「iPhone12」シリーズは6.7インチモデルの「iPhone12 Pro Max」のみがイメージセンサー式手ブレ補正と7枚構成の望遠レンズを採用すると噂されています。

これに対してTFI証券のMing-Chi Kuo氏は、2021年発売の「iPhone13」シリーズについて2〜3モデルが同様のカメラシステムを採用するだろうと語っています。

イメージセンサー式手ブレ補正とは、カメラの撮影素子(CMOSセンサー)自体を動作させる方式。

従来の光学式は、手ブレ補正が搭載されたレンズしか効果が発揮されませんでしたが、イメージセンサー式は搭載されるすべてのレンズで手ブレ効果が発揮されます。

また、Kuo氏は2022年発売の「iPhone14」についてペリスコープ式望遠レンズを搭載するだろうと予想しています。

ペリスコープ式望遠レンズとは、潜望鏡のように複数のレンズとプリズムを利用して高倍率を実現する方式です。

(画像出典 : HYPER GADGET )

最近では「Galaxy S20 Ultra」(国内未発表)がペリスコープ式望遠レンズを採用し、100倍のハイブリッドズームを達成しています。

(Source : Apple Insider )

(te7373)

Return Top