予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

「iPhone6 Plus」の本体修理が必要な場合、「iPhone6s Plus」へと交換可能に?

Appleの認定サービスプロバイダーに配布されている社内文書によると、「iPhone6 Plus」の修理に本体の交換が必要となった際に、「iPhone6 Plus」ではなく後継機である「iPhone6s Plus」に交換することができる可能性があると伝えられているとのことです。

対象は一部の「iPhone6 Plus」のみ、期間は3月末まで

情報を公開しているMacRumorsによれば、「iPhone6s Plus」に交換できる「iPhone6 Plus」は”一部の端末のみ”とされており、その”一部”がどの端末を対象としているのかは今のところ明確にはされていません。

「iPhone6 Plus」を「iPhone6s Plus」に交換できる可能性がある理由については、昨年巻き起こった”Appleがバッテリーが古くなったiPhoneの性能を意図的に劣化させている”問題に対応するために、対象のiPhoneのバッテリー交換価格を一律3,200円(税抜き)に値下げしたことを受けて、バッテリーの交換依頼が殺到した結果、「iPhone6 Plus」の交換用バッテリーが不足していることが原因とされています。

「iPhone6 Plus」の製造ラインは現在既に停止していると言われており、「iPhone6 Plus」の交換用バッテリーや本体補充するためには、再び製造ラインを稼働させる必要があるとのこと。

現在の段階でも、「iPhone6 Plus」のバッテリー交換を行うには2018年3月〜4月まで時間がかかると言われており、そういった修理期間の長期化に対応するために、「iPhone6s Plus」への交換が検討されているそうです。

尚、Appleの正規サービスプロバイダ本体交換の対象となる故障はLightningコネクタやロジックボードなどに関する故障が対象となっており、ディスプレイ、バッテリー、スピーカー、カメラの故障は個別交換が可能とのことです。

日本でも同様の対応となるかどうかは不明ですが、この交換対応は2018年3月末まで続くだろうと伝えられています。

[Source:MacRumors](yorimorishima)

Return Top