新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

【格安スマホ】ワイモバイル iPhone SE iPhone6sの価格と月々の支払いイメージ


ここ数年、新型のiPhoneは高価格化が進み、なかなか手が出しづらい存在になってきました。

このような背景もあって、比較的手が届きやすい旧型モデルの需要が高まっているようです。特に、格安スマホブランドが取り扱うiPhoneは、値ごろ感もあって大人気となっています。

ワイモバイルは「iPhone SE」「iPhone6s」の2モデルを販売中

iPhoneを取り扱う格安スマホブランドといえば、ワイモバイルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

現在、ワイモバイルは「iPhone6s」「iPhone SE」と2モデルのiPhoneを販売しており、料金の安さとソフトバンクのサブブランドという安心感もあって3大キャリアから乗り換える人も多いようです。

では、一体どれくらいの料金で「iPhone6s」と「iPhone SE」を利用できるのか、具体的にみていきましょう。

「iPhone SE」と「iPhone6s」のスペック

まず始めに、「iPhone SE」と「iPhone6s」の概要を再確認してみます。

両モデルはLCDディスプレイやA9プロセッサを搭載するなど、ほぼ同一のスペックとなっています。大きな違いといえば、フロントカメラの画素数でしょうか?この点では後発モデル「iPhone SE」の方が優っています。

どちらのモデルも発売から一定期間が経過しているため、さすがに最新スペックというわけではありませんが、通常の用途ではまだまだ現役で活躍できるだけの性能は持っています。

ただし、気になる点があるとすれば防水・防塵機能がないこと。この点が気にならないのであれば「iPhone SE」と「iPhone6s」はリーズナブルで魅力的な端末といえそうです。

ワイモバイルの料金プランと毎月支払いイメージ

まず、「Y!mobile」の料金プランを見てみましょう。

「Y!mobile」は、プランに関わらず1回10分以内の国内通話が無料となっていて、データ定額部分が「プランS」「プランM」「プランL」に別れています。

「データ増量オプション」とは、月額540円でデータ通信量と無料通話時間が追加されるオプションサービスです。現在、契約から24ヶ月間は無料となるキャンペーンを行なっていますので、ぜひ加入した方がよいでしょう。

「iPhone6s」毎月の支払いイメージ


続いて「iPhone6s」の支払いイメージです。ここでは「スマホプランS」を2年の定期契約ありで利用という前提で料金を算出しています。

ワイモバイルでは「iPhone6s」「iPhone SE」ともに540円の頭金が必須となっており、「新規・MNP」と「機種変更」では月額割引が異なる点に注意してください。

「新規・MNP」で32GBモデルを購入した場合、1年目の毎月支払額は3,218円。端末代金が入ってこの料金は、かなりリーズナブルだと思います。ただし、「ワンキュッパ割」は当初1年のみ適用なので、2年目以降は料金が1,080円加算されて毎月支払額は4,298円となります。

「iPhone SE」毎月の支払いイメージ


次に「iPhone SE」の支払いイメージをみてみましょう。

「iPhone SE」は128GBモデルのみ販売となっていますが、「iPhone6s」に比べ月額割引が増額されているため、「新規・MNP」の場合は1年目の料金が2,678円と大変お得な価格となっています。

希少なコンパクトモデル「iPhone SE」がこの料金で利用できるというのは、かなり魅力的ではないでしょうか?

最大13ヶ月間 月額1,000円割引!「ワイモバ学割」実施中

「Y!mobile」は「スマホプランM/L」の月額料金が最大13ヶ月間1,000円割引になる「ワイモバ学割」を実施中です。

「ワイモバ学割」の適用を受けた場合の毎月の支払いイメージは以下の通り。
(※データ増量オプション利用時)

「ワイモバ学割」は本人だけでなく、キャンペーン中に家族が新規契約(MNP含む)を行い「家族割引」サービスに加入すると同様に最大13ヶ月間1,000円の割引が受けられます。

「ワイモバ学割」の申し込み期間は2018年12月5日〜2019年5月31日(金)まで。詳しくは以下のページを参照してください。

最大13ヶ月間 月額1,000円割引!「ワイモバ学割」実施中
▶︎Y!mobileオンラインストアはこちら

(参照 : Y!mobile )

(te7373)

Return Top