予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

iPhone 公式オンライン予約サイト
新型 iPhone 予約受付中!

▶︎ドコモオンラインショップ

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎au Online Shop

台湾TSMCが2017年4月より「A11」プロセッサを生産開始か?iPhone8用プロセッサとして大幅に性能アップ!


アメリカの調査会社BlueFinResearchPartnersのアナリストによると、台湾の半導体メーカーTSMCが2017年4月末より「A11」プロセッサの製造を開始するようです。「A11」プロセッサは次期iPhone8に搭載されるとみられ、「A10」プロセッサから大幅に性能がアップするようです。

新しいプロセスルールにより省電力化される見込み

ご存知の通り、TSMCはiPhone7用の「A10」プロセッサを製造、Appleへ独占供給しているサプライヤーです。同社は「A11」プロセッサの開発にあたり、プロセスルールを従来の16nmプロセスから10nmプロセスへ変更しました。これにより、「A11」プロセッサは処理能力が大幅にアップし、同時に省電力化が図られる模様です。

▼プロセスルールとは?
プロセスルールとは、半導体回路の配線部分の幅のこと。この幅(プロセスルール)を小さくすることで、回路のトランジスタ部分を大きく設計でき、プロセッサの性能がアップする。また、プロセスルールを小さくすることで、消費電力やプロセッサの発熱も抑えることができる。

ただし、「A11」は10nmプロセスを採用する初めてのプロセッサとはならず、次期iPad用の「A10X」が初めての10nmプロセッサとなる予定です。次期iPadは3月にも登場すると見られており、全てのサイズが「iPad Pro」になると噂されています。次期iPhone8と合わせ、こちらも気になるところですよね。

Source : [ Barron’s ]

(take211)

iPhone8 噂一覧
・デザインは大幅に変更される
・ガラス製のボディ。ポリカーボネートで覆われる可能性あり
・A11プロセッサはプロセスルール変更により省電力化
・ワイヤレス充電対応、Lightning端子の廃止
・サムスン、LG製有機ELパネルを搭載。シャープもパネルを供給予定
・曲面有機ELディスプレイ(プレミアムモデルのみ?)
・ボディ全面がディスプレイに
・フォームファクタの刷新
・ホームボタンの廃止
・画面のどこに触れても指紋認証可能
・5.0インチと5.8インチのディスプレイを搭載。(4.7インチモデルは「SE」の後継機?)
・VRマシンとして稼働する
・3Dカメラを搭載

※名前の候補「iPhone X」「iPhone Anniversary」

iPhone8 発売日の予想
2017年
・9/6 発表
・9/8 予約開始(金)
・9/15 発売日(金)

▶︎iPhone8 コンセプトデザインまとめ

iPhone8でも今回のiPhone7のオンライン予約が役立つはず!

2017年は以下をお役立てください!

Return Top