予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

2017年第4四半期は「iPhone8」が「iPhoneX」を上回った?米調査機関がデータを公開

米消費者調査機関である、Consumer Intelligence Research Partnersが2017年の第4四半期(10月〜12月)に購入されたiPhone全体に関するデータを公開しました。

「iPhone8」の購入数が「iPhoneX」を上回った?

Consumer Intelligence Research Partnersが公開した2017第4四半期のiPhone全体における購入データは以下のようになっています。

こちらのデータは、2017年10月〜12月の間に米国内で新たにiPhoneを購入した500人を対象に統計を取っているとのことです。

データからもわかるように、2017年に発売された最新機種の3モデルは購入者の全体の61%となっており、その中で「iPhone8」の購入者が最も多く全体の24%、続いて「iPhoneX」が20%、「iPhone8 Plus」が17%という結果になっています。

“2017年第4四半期に最も購入されたiPhoneは「iPhoneX」ではなく「iPhone8」である”ということは意外な結果ではありますが、このような結果になったのは「iPhoneX」が他の2つのモデルより遅れて発売されたことや、「iPhoneX」の発売日が新機能のFaceIDに関する製造トラブルにより延期になったことなどが関わっているとのことです。

さらに、画像の下部には前年のデータも記載されており、2017年の3モデルの合計購入者が全体の61%であるのに対し、2016年第4四半期に発売された最新モデル「iPhone7」「iPhone7 Plus」購入者が全体の73%と、前年よりも購入者のパーセンテージが12%低くなっていることがわかります。

しかし、Consumer Intelligence Research Partnersは、2017年第4四半期には「iPhoneX」「iPhone8」「iPhone8 Plus」という3モデルの展開があり、これまでに発売されたiPhoneも含めると合計8モデルでの展開になったという特殊な年であるため、全体のシェア率について前年のデータと単純に比較することは困難であるとも伝えています。

「iPhoneX」は長期的な戦略において成功?

Consumer Intelligence Research Partnersでのデータでは上記のような結果となりましたが、KGI証券のMing-Chi Kuo氏は

「iPhone XはAppleの長期的な優位性を確立したと確信している。」

との分析を示しています。

Ming-Chi Kuo氏によれば、FaceID、True Dipthカメラ、3Dセンサーなどの機能は、他主要スマートフォン会社よりも2年ほど技術的に先行しているとのことです。

さらに、「iPhone X」の比較的高価格な価格設定が”是”とされた事に対して、今後のスマートフォンの価格についての考え方を一新させ、Appleのラインナップを拡張し、今後数年間でプレミアム機能を導入する柔軟性を提供したと分析されています。

Consumer Intelligence Research Partnersの示した2017年第4四半期のデータにおいては「iPhone8」に引けを取った形となったものの、今後の展望を含めると、スマートフォン業界に”革命”を起こした「iPhoneX」は、Appleにとって「成功した」と言っても過言ではないようです。

[Source:AppleInsider1,2](yorimorishima)

Return Top