予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

iPhone SE2 (iPhone9?)発売日と予約開始日の予想とスペック噂まとめ【2020年新型】

11月6日更新
2016年3月に発売された初代「iPhone SE」はコンパクトモデルを好むユーザーから支持されて大ヒットモデルとなりました。

2018年9月に販売が終了した後も後継モデルの噂が絶えなかったのですが、ついに「iPhone SE2」※仮称 として復活する可能性が高くなっています。

そこで、この記事では待望の「iPhone SE2」について、発売日やスペック、価格などの情報をまとめてみました。(随時更新)

iPhone SE2の予約開始日・発売日は?

これまでの情報によると、「iPhone SE2」は2020年3月に発売される可能性が高いようです。

2016年に登場した「iPhone SE」も3月に発表されて、以下のような発売スケジュールでした。

2016年 「iPhone SE」
・3月11日(金)発表の告知
・3月21日(月)正式発表 第3月曜
・3月24日(木)16時1分予約開始
・3月31日(木)発売日

Appleは近年、3月にも新製品を発表する傾向があり、ここ最近は最終週の火曜日(日本時間)にイベントが開催されています。
また、リーク情報でおなじみのMing-Chi Kuo氏は「iPhone SE2」の発表を「2020年3月末」と語っていることから、以下のスケジュールで発表・発売される可能性が高いと予想しています。

2020年「iPhone SE2」※予想
・3月23日(月)正式発表(日本時間3月24日未明)
・3月26日(木)16時1分予約開始※
・発売日は4月2日(木)

※Appleはこれまで新製品の予約開始時刻を16時1分としていましたが、今年のiPhone11シリーズでは21時に変更しています。ひょっとすると、「iPhone SE2」の予約開始時刻も21時になるかもしれません。

「iPhone SE2」のデザイン

iPhone SE2 iPhone9

[写真はiPhone8]

初代「iPhone SE」が「iPhone 5s」のボディを流用したように、「iPhone SE 2」もホームボタン有りの「iPhone 8」のボディを流用するようです。

これはコスト低減が目的と思われますが、慣れ親しんだボディサイズやデザインということで、多くのユーザーに歓迎されるのではないでしょうか?

気になるカラーラインナップですが、TFI証券のMing-Chi Kuo氏によるとシルバー・スペースグレイに加えてレッドが用意されるということです。

なお、「iPhone SE2」という名称については確定的な情報があるわけではありません。「iPhone 8」の後継モデルと考えると、「iPhone 9」という名称になる可能性もありそうです。

こちらはEverythingAppleProが公開したコンセプトモデル。リアカメラのレンズは大型化されているようです。
(画像出典 : Youtube )

(画像出典 : Youtube )

「iPhone SE2」のスペックと噂

2019年10月の記事執筆時点で「iPhone SE2」のスペックについてはあまり情報がありません。

現段階で判明しているスペックとともに「iPhone SE2」の噂をまとめてみました。

①ディスプレイは4.7インチLCD(解像度など不明)

②プロセッサは最新の「A13 Bionic」でRAM容量は3GB(「iPhone 8」は2GB)

③ストレージは64GBと128GBの2種類

④物理ホームボタン搭載

⑤3D Touch非対応→Haptic Touch搭載

⑥LCPアンテナ搭載でLTE伝送速度がアップ

⑦カメラ性能は「iPhone 8」と同等?

⑧ワイヤレス充電と急速充電に対応

これら噂の補足説明です。

【ディスプレイ】
①ディスプレイは「iPhone 8」と同様に4.7インチLCDとなる見込みです。

詳細については不明ですが、「iPhone 8」と最新の「iPhone11」(ともにLCDディスプレイ)を比較すると、画素密度・コントラスト比・最高照度などに違いがなく「iPhone SE2」も同等の仕様になるものと思われます。

なお、「iPhone11」は最新のLiquid Retinaディスプレイ搭載となっていますが、これはエッジ部分がラウンド加工されたLCDディスプレイを指しており、機能面での違いはありません。

【参考】「iPhone 8」と「iPhone11」のディスプレイ仕様(共通)

【プロセッサ/RAM】
②プロセッサは「iPhone11」シリーズと同じ、最新の「A13 Bionic」を搭載、RAM容量は3GBになるといわれています。(「iPhone 8」は2GB)

最新プロセッサと容量がアップしたRAMによって「iPhone SE2」は相当なパフォーマンスを発揮するものと思われます。

また、「A13 Bionic」プロセッサは省電力性能が大きく向上しているため、「iPhone SE2」はバッテリー持ちが大きく改善するかもしれません。

【ストレージ】
③これまでの情報によるとストレージは64GB、128GBの2種類になるようです。

大容量ストレージを必要とする方には少し不安が残るかもしれませんが、通常の利用ではまず問題ない容量といえるかもしれません。

【ホームボタン】
④「iPhone SE2」は従来通りの物理ホームボタンを搭載する見込みです。これまでと操作方法が変わらず、確実なロック解除が行えるので、歓迎する方も多いのではないでしょうか?

【Haptic Touch(触覚タッチ)】
⑤「iPhone SE2」では3D Touchが非対応となり、Haptic Touch(触覚タッチ)が搭載される見込みです。

同機能は「iOS13」で大きく機能強化されており、現状では3D Touchとほぼ同様の操作が行えるようになりました。

【アンテナの改良】
⑥リーク情報に詳しいMing-Chi Kuo氏によると、「iPhone SE2」はLCP(液晶ポリマー)アンテナを搭載するようです。LCPアンテナは電波効率を高め、LTE通信速度が大きく向上するといわれています。

【カメラ】
⑦「iPhone SE2」のカメラについては情報がありません。ただし、「iPhone 8」と共通の部品を多様すると噂されていることから、カメラ性能も同等になるものと思われます。

ただし、ポートレートモード対応など、いくつか仕様変更が行われる可能性もあります。

【ワイヤレス充電と急速充電に対応】
⑧「iPhone SE2」は「iPhone 8」のボディを流用するということで、ワイヤレス充電に対応するのは間違いないでしょう。急速充電にも対応すると思われますが、「iPhone11」同様に18W電源アダプタは別売りになると思われます。

以上の内容から予想した「iPhone SE2」のスペックは以下の通り。

プロセッサやRAM容量など基本スペックの強化がメインですが、予想される4万円代の価格を考慮すると、とてもコストパフォーマンスに優れたモデルといえるでしょう。

「iPhone SE2」については新しい情報が入り次第内容を追加していく予定です。

「iPhone SE2」の価格は?

「iPhone SE 2」の価格は399ドルスタートになると予想されています。

おそらく、64GBモデルは43,000円〜45,000円程度、128GBモデルは48,000円〜50,000円程度になるのではないでしょうか?

iPhone SE2 予約後に、いつ手に入るか目処を立てる掲示板

「iPhone SE2(仮)」入荷報告掲示板
予約ゲットコムの報告所ではiPhoneを予約したユーザーの入荷連絡の報告を集計し、いつ予約した方がいつゲット出来るのかの目安がつくように最遅予約時刻一覧表を作成します。iPhone SE2が登場したら同志の入荷報告をお待ちしています< (_ _)>
SoftBank
▶︎【Softbank iPhone SE2(仮)】 予約入荷状況 報告所

DOCOMO
▶︎【ドコモ iPhone SE2(仮)】 予約入荷状況 報告所

KDDI au
▶︎【au iPhone SE2(仮)】 予約入荷状況 報告所

(Source : 9to5 Mac , MacRumors① , MacRumors② )

(te7373)

2019年11月6日
Return Top