予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

KGI、今年発売される6.1インチLCDのiPhoneは1億台売れると予想

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、今年発売予定の6.1インチLCDディスプレイモデルの次期iPhoneは、1億台売れるだろうと伝えました。

安価な6.1インチモデルが一番人気に?

2018年の次期iPhoneは、6.5インチOLEDディスプレイモデルの「iPhone X2 Plus」(仮称)、5.8インチOLEDディスプレイモデルの「iPhone X2」(仮称)、6.1インチLCDディスプレイモデルの「iPhone 9」(仮称)が発売される予定です。

また、2018年に発売予定の3つのモデルの次期iPhoneは、「Face ID」が搭載され、ホームボタンは廃止される予定ですが、6.1インチLCDディスプレイモデルにはデュアルカメラと3Dタッチが搭載されないようです。

しかし、6.1インチモデルには現行の「iPhone X」と同じフルスクリーンデザインが採用されます。

これらの情報から、6.1インチモデルは以前のiPhone SEのような位置づけになるとされています。

現行の「iPhone X」とほぼ同じ機能を持つ6.1インチモデルですが、そのフレームは、ステンレスの代わりにアルミニウムが使われる予定です。安い材料を使用することによって価格を抑えることができるようです。

Ming-Chi Kuo氏によると、6.1インチモデルは価格が安く、見た目は「iPhone X」とほぼ同じことから、2018年最も売れるモデルになると予想しています。

Ming-Chi Kuo氏の調査によると、6.1インチiPhoneの価格は米国で700~800ドルになる予想です。そして、価格が699ドルになった場合の出荷台数は1億500万台〜1億1500万台ほど、799ドルになった場合の出荷台数は9500万台〜1億500万台になると分析されています。

一つのモデルが1億台売れるというのは信じがたいかもしれませんが、Appleの実績を考えると可能性は大いにあると、Ming-Chi Kuo氏は言います。

また、Ming-Chi Kuo氏は2018年発売の次期iPhoneモデル全体の販売台数が2億台に達すると予想しています。そのため、6.1インチモデルのiPhoneの出荷台数はその半分を占めることになりそうです。

さらにMing-Chi Kuo氏は、現行の「iPhone X」についても言及しています。「iPhone X」は合計6,200万台売れるとし、Appleは今夏に「iPhone X」の生産を終えると指摘しています。

[Source:9to5mac] (yorimorishima)

Return Top