新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

2018年6.1インチ「iPhone 9」生産開始か。バックライト用LEDチップは日亜化学が独占供給?

※iPhone X Plus/iPhone SE2/iPhone9(仮称)などの情報は、正式にAppleが発表しているものではありません。海外のニュースサイトなどが情報源です。

今年9月Appleは有機ELディスプレイを搭載した5.8インチモデル「iPhone XI」(仮称)、6.5インチの大型モデル「iPhone X Plus」(仮称)、液晶ディスプレイを搭載した6.1インチモデル「iPhone 9」(仮称)の3つのモデルのiPhoneを発売すると予測されています。

このうち6.1インチモデル「iPhone 9」には、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイ搭載される見込みで、今回海外メディアのDigiTimesにて、その液晶ディスプレイのLEDバックライトを日亜化学が独占供給すると伝えられています。

6.1インチモデル「iPhone 9」試作開始か

DigiTimesによると、6.1インチモデル「iPhone 9」の液晶ディスプレイに用いられるバックライト用のLEDチップには、日亜化学工業が製造した0.3tのものが搭載されると伝えられています。

これまでの液晶ディスプレイのバックライト用のLEDチップでは、0.4tのものが使用されており、4.0〜4.5mmのベゼルの幅が必要とされていましたが、今回の0.3tのLEDチップを称することで2.0〜2.5㎜のベゼル幅に縮小することができ、「iPhoneX」のようなベゼルレスデザインを実現することが可能となるとのこと。

また、6.1インチモデル「iPhone 9」は今月中にも試験的な生産が開始されると報じられており、8月にはすでに筐体の完成、9月には量産の体制を整える予定と伝えられています。

[Source:DigiTimes](yorimorishima)

Return Top