予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

次期iPhoneの総販売は3億5000万台売れる?中国市場で爆発的人気になる理由とは

来月9月にAppleは3モデルの新型iPhoneを発表すると予測されています。

米国の金融証券市場であるウォール街の予想では、「2億2000万台以上が売れることになる」と予測されていましたが、米調査会社GBH Insightsの新たな予想によれば、「今後12〜18ヶ月の間に、3億5000万台の新型iPhoneが購入されるだろう」という驚くべき予測を展開しています。

Apppleにルネッサンス期到来?期待が持たれる新型iPhone3モデル

今や、新型iPhoneの発表は、Appleによって行われる毎年の恒例行事と化しており、そこまでの期待が持てなくなった方もいたかもしれません。

そんな中、昨年の「iPhone X」の登場は、ある意味マンネリ化していたiPhoneシリーズの更新に一役買う出来事ともなり、昨今では再び新型iPhoneへの期待の声が高まっています。

来月Appleは6.1インチの液晶ディスプレイモデル「iPhone 9」(仮称)、6.5インチ「iPhone X Plus」(仮称)、5.8インチ「iPhone XI」(仮称)の2つの有機ELディスプレイモデルの合計3モデルの新型iPhoneを発表すると予想されています。

これまでのiPhoneを変えた「iPhone X」その上位互換ともなる「iPhone XS/XSPlus」、価格を抑えながらも高い性能を誇る「iPhone 9」、これら3モデルのiPhoneを目前にして、個人的にも期待をせざるをえません。

しかし、いくら革新を与えた「iPhone X」の後継モデルとはいえ3億5000万台という数字には懐疑的にならざるをえません。では、なぜ、米調査会社GBH Insightsはこの数字を打ち出したのでしょうか?

次期iPhoneが3億5000万台売れる理由とは?

次期iPhoneが3億5000万台売れる理由、それは中国市場での動きが主な理由となっているとのことです。

2017年第四四半期の段階で、中国でのスマートフォン市場では、HUAWEIが19%の1位、続いてOPPO17%、Vivoが15%、Xiaomiが14%となっており、Appleは15%でVivoとの同率第3位のシェア率となっていました。

「iPhone X」の販売が成功した実績を残したとはいえ、こういった中国市場でのシェア率の低さをAppleは懸念しており、そのために様々な対策を検討してきているとのことです。

シェア率は低いながらも、中国市場での15%は約1億人であり、米調査会社GBH Insightsによれば、これら1億人のうち6000万〜7000万人が新たなiPhoneに買い換える「スーパーサイクル」が訪れると主張しています。

さらに、中国市場では”安く性能の良いスマートフォン”が求められる傾向があるため、来月発売されるであろう「iPhone 9」はその傾向に非常にマッチしていることも購入の後押しになるでしょう。

これまでのiPhoneとは違う「iPhone X」と同じようなデザイン・性能を誇る「iPhone 9」の中国市場においての売上には、相当な期待が持てると考えられます。

しかし、「iPhone X」の販売台数は確かに結果を残しましたが、米調査会社GBH Insightsは昨年も「スーパーサイクルが訪れる」と予測していたこと、米中間の貿易関係が緊張状態にあることが与える影響などを加味すると、この予測に関しても完全に信頼していいものとなるかは定かではありません。

ただ、来月発売されるであろう新型iPhone3モデルが、スマートフォン業界に革命を起こした「iPhone X」の後継モデルであることは確かなことです。

Appleは「iPhone X」で示した結果をうまく用いて、次期iPhone3モデルを成功に導けるのでしょうか。これからの動向に注目が集まります。

[Source:Investorplace](yorimorihsima)

Return Top