予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

「iPhone XS/XS Max/XR」バッテリー容量とRAMが判明?

中国の認証機関TENAAが公開した資料に、2018年新型iPhone「iPhone XS/XS Max/XR」3モデルの電池容量とRAMが記載されていることを、海外メディアのappleInsiderが伝えています。

「iPhoneXS」のバッテリー容量は2,658mAh、RAMは4GBを搭載か

情報によれば、「iPhone XS」の電池容量は2,658mAh、「iPhone XS Max」は3,174mAh、「iPhone XR」が2,942mAhとのこと。

今回判明した情報と、前年モデルのバッテリー容量のまとめが以下。

表からもわかるように、「iPhone XS」のバッテリー容量が2,658mAhであるのに対し、昨年モデルの「iPhone X」は2,716mAhと、「iPhone XS」のほうが「iPhone X」よりもバッテリー容量が低いことがわかります。

対して、昨年の大型モデル「iPhone 8 Plus」と今年の大型モデル「iPhone XS Max」を比べると、「iPhone XS Max」のほうがバッテリー容量が高くなっています。

バッテリーの持続時間は容量だけでなくバッテリーの性能も大きく関わってくるため、このバッテリー容量の変化がどのような影響をもたらすかは一概には判別できませんが、当然昨年のモデルの「iPhoneX/8/8Plus」より今年のモデルである「iPhone XS/XS Max/XR」のほうがバッテリー持続時間も長く設定されています。

また、廉価版モデルという立ち位置となっている「iPhone XR」のバッテリー容量が、「iPhone XS」より高くなっているのは、6.1インチというサイズによるものと見られており、その分バッテリー持続時間も「iPhone XR」のほうが高いようです。Appleのスペック比較ページを見ても「iPhone XR」のネット利用時間は3モデルの中で一番長く15時間となっています。

さらに、TENAAが公開した資料の中には、「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」のRAM情報も記載されており、情報によれば、「iPhone XS/Max」のRAMは4GB、「iPhone XR」のRAMは3GBとなっているようです。

昨年もTENAAにて、新型iPhoneのバッテリー容量、RAMの情報が記載され、それが正しかったことからも今回の情報はかなり信憑性が高いものと思われます。

今後、iFixitなどが「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」の分解レポート等を公開すると思われるので、そちらも楽しみです。

[Source:AppleInsider] (yorimorishima)

Return Top