新型iPhoneの予約!発売日近くに在庫確保する方法【softbank ドコモ au】

予約ゲットコムのブログ。新型iPhoneやスマホの最新情報を発信!

予約ゲットコム

iPhone XS/XS Max デザインとスペック・値段まとめ【全色・全モデル実機レビュー】

2018年のAppleの新型iPhoneは、「iPhone XS」「iPhone XS Max」と「iPhone XR」の3モデル。まず5.8インチの「iPhoneXS」6.5インチの「iPhoneXS Max」のデザインやスペックなどをこのページで紹介していきます。

来月10月発売の「iPhone XR」のデザインとスペックも、全カラーの実機をそろえて▶︎こちらのページ更新します。

スタッフの協力のもと、今年も発売日に全モデル全カラーが揃いました。「iPhone XS」「iPhone XS Max」です。

・iPhone XS(5.8インチ)
・iPhone XS Max(6.5インチ)

・容量64GB/256GB/512GBの3容量

色はゴールド/シルバー/スペースグレイの3色!

デザインは「iPhone X」と変わらないですが、上質なゴールドが加わりました。

防水性能も上がってます。水深2メートルで最大30分間耐えることが可能なようです。

iPhoneXS/XS Maxのデザイン! これが新色ゴールド!

左が「iPhone XS」 右が「iPhone XS Max」です。


「iPhone XS/XS Max」には待望のゴールドモデルが追加されました。

今回のゴールドモデルではバックパネルだけでなく側面のステンレス部分もゴールドカラーに。より高級感を与える印象となっています。

一様にゴールドモデルと言っても、純金のようなギラギラと輝いている金色ではなく、すこし赤みがかった淡い金色となっていることが伺えます。




側面もゴールドカラーになっていることにより、今までのiPhoneにはなかった、エッジの光沢を演出しており、さらにブラッシュアップされた新しいゴールドモデルとなりました。



iPhone 8 Plusのゴールドと比較
下の写真はiPhone 8 Plusのゴールドと比較したものです。「iPhone XS/XS Max」は、Plusより色が濃く、高級感が増しています。

iPhoneXS/XS Maxのシルバーとスペースグレイ

シルバー



iPhoneXのシルバーと比較
左が2017年のiPhoneX 右がXSのシルバーです。

色では見分けがつきませんね。

XSシリーズは上下にアンテナラインがありました。上がXSです。

スペースグレイ


iPhoneXのスペースグレイと比較
左が2017年のiPhoneX 右がXSのスペースグレイです。

ほとんど同じいろです。光の当たり方次第ではジェットブラックのようにも見えます。

「iPhone XS」のシルバーとスペースグレイは、「iPhone X」とほとんど変わりがないです。

ゴールド・シルバー・スペースグレイの3色








歴代のiPhoneを並べてみてみました。

やっぱりiPhoneは美しい!

iPhone XS /iPhone XS Max 5.8インチと6.5インチの大きさ サイズ感はどうなのか?


「iPhoneXS」のサイズは、前モデルである「iPhone X」とほぼ同じサイズとなっています。

まず、4インチのiPhone SEから並べて見ました。左からSE、XS、XS Maxです。4インチiPhoneSE愛好家のユーザーにとってXSやXS Maxは大きすぎると感じると思います。

次に左から4.7インチのiPhone8、 XS, XS Max僕は片手派で4.7インチをずっと使ってきましたが、去年のiPhoneXで5.8インチはすぐ慣れました。

左Plus 右Max
6.5インチの「iPhone XS Max」は、持った感じは「iPhone8 Plus」とほぼ同じなので、もともとPLusを使っている方は違和感なく操作できると思います。

左からiPhone XS、iPhone8 Plus、iPhone XS Max

やはり、注目すべきは「iPhone X Max」のディスプレイの広さです。端末サイズがほぼ同じ「iPhone 8 Plus」と比べるといかにディスプレイが広くなったかが確認できます。
右のMaxの方が縦に情報量が増えるイメージです。

しかし片手派で操作感重視の方は5.8インチのiPhoneXSをおすすめします。

動画でiPhone XS Maxの大きさ、デザインそしてゴールドの色合いを確認

iPhone XSとiPhone XS Maxの全カラーの動画を撮影しました。新型のデザインやゴールドの色の仕上がり、iPhone XSとiPhone XS Maxの大きさなどを確認してください。

【動画】

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XRのスペック


主なスペックの比較

iPhone XS iPhone XS Maxの防沫性能、耐水性能、防塵性能ですが、Appleの公式サイトでは「IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)」と書かれています。iPhone XRのほうはIP67で最大水深1メートルで最大30分間とうたっています。

XSシリーズを実際に水槽に全モデル3分間だけ入れてみましたが、今の所問題ありません。さすがに30分も試す勇気はありませんでした。

[追記1]水に入れた後の数分後に音楽を聴いてみたところ、スピーカーからブチブチとノイズが入っていました。こちら乾いた後また検証してみます。[追記2]ノイズの件全モデル大丈夫でした。

動画撮影の性能比較

写真や動画撮影のカメラ性能は、また別の記事でレビュー致します。

電源とバッテリー性能比較
以外にもiPhone XRが1番電池持ちはいいようです。

「iPhone XS/XS Max」の主なスペックの変更点が以下になります。

  • ・有機ELディスプレイ

  • 両モデルとも引き続き有機ELディスプレイを搭載。SuperRetinaディスプレイによる発色をより鮮やかに映し出し、美しいHD映像を楽しめます。

  • ・A12 Bionicチップを搭載

  • 前モデルの「A11 Bionicチップ」の完全上位互換となる「A12 Bionicチップ」を搭載。GPUは4コア、CPUは6コア、ニューラルエンジンは8コアとなっており、処理能力は「iPhone X」よりも50%向上。

  • ・防塵・防水性能はIP68に向上

  • 「iPhone X」はIP67等級の防塵・防水機能となっていましたが、「iPhone Xs/Max」はさらに向上した最大水深2メートルで最大30分間耐えることが可能なIP68等級の防塵・防水機能となっています。

  • ・Face IDは高速化

  • 処理能力が向上したことにより、「Face ID」での認証がさらに正確かつ高速に。誤認証やタイムラグのストレスがより少なくなりました。

  • ・スピーカー性能が向上、よりワイドなステレオサウンド

  • スピーカーの性能が向上し、ステレオサウンドがより高音質になりました。CEO、ティム・クックも、「ぜひイヤホンを外して見て欲しい」とのこと。

スペック等の詳細はApple公式サイトのスペック比較ページで確認できます。

iPhone XS、iPhone XS Max iPhone XR 一括価格

iPhone XS/XS Max 一括端末価格(税込)
iPhone XR 一括端末価格



iPhoneXSとiPhoneXS Maxはかなり高額となっており、キャリアの割引などを駆使して購入した方が良さそうです。ソフトバンク ドコモ auのキャリア版の価格や割引額の比較を▶︎こちらでまとめています。

しかしiPhoneXSとiPhoneXS Maxがここまで高額だと迷うのではないでしょうか。XSより安い新型 「iPhone XR」が10月に発売されますので、今回十分に検討して購入を決めた方がいいと思います。

「iPhone XR」は予約開始が10月19日午後4時1分、発売日が10月26日(金)です。▶︎こちらでで全カラーの実機をそろえて紹介します。

▶︎iPhoneXRの予約方法はこちら

(最終更新:2018年11月3日)
Return Top