予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

auのMNP予約番号取得方法からソフトバンクやドコモに乗り換える手順


最近、毎月の携帯料金を節約するため、格安SIMに乗り換える方が増えているようです。

また、各携帯キャリアはMNP転入者にさまざまな優遇施策を実施しており、機種変更を機に乗り換えする方も多いと聞きます。

そこで今回は、auユーザーがMNPを利用して他のキャリアへ乗り換える方法について解説してみたいと思います。

MNP転出時の注意点

MNP転出にあたっては、いくつかの注意点があります。まずは以下の項目をチェックしておきましょう。

①現在利用中の端末を引き続き利用する場合はSIMロック解除が必要

・現在利用中のau端末をドコモやソフトバンクで使用する場合、SIMロック解除が必要となります。

SIMロック解除はauショップで行うと3,240円の手数料がかかりますが、My auから行えば無料です。
画面にしたがって操作すれば2〜3分で完了しますので、ぜひ自分でSIMロック解除してみましょう。

SIMロックの解除は➡︎こちら

②MNP転出手数料などの費用がかかります

・MNP転出は手数料がかかるほか、違約金などが発生する場合もあります。詳しくは「MNP手続きでかかる費用」の欄で解説します。

③キャリアメールが使えなくなります

・「@ezweb.ne.jp」や「au.com」のキャリアメールが使えなくなります。あらかじめgmailなどのメールアドレスを取得し、移行しておく必要があります。

④au Walletポイントが無効になります

・MNP転出すると、これまで貯まっていたau Walletポイントが無効になります。料金に充当するなどして事前に使い切っておきましょう。

⑤MNP予約番号の有効期間は15日間です

MNP予約番号の有効期間は取得した日を含めて15日間。この間に一連の手続きを完了させる必要があります。

ただし、有効期間内に手続きが完了しなかった場合、再度MNP予約番号を取得すれば問題ありません。

以上を踏まえたうえで、MNP転出の流れを見てみましょう。

MNP転出の流れ

MNP転出の流れを簡単に説明すると以下の通りとなります。

①auからMNP予約番号を取得する。(取得方法は後ほど解説します)
 ⬇︎
②転入先携帯キャリアへMNP新規申し込み。(MNP予約番号が必要。回線切り替えと同時にauは解約となります)
 ⬇︎
③オンラインショップの場合、SIMカードが届いたら自分で開通手続きを行います。この時点でau回線は解約となります。

ポイントとなるのは、転入先回線が開通した時点でau回線が自動解約となること。MNP予約番号を発行しただけでは解約とならないので注意してください。

MNP手続きでかかる費用

MNPでは以下の通り費用がかかります。

①MNP転出手数料 3,240円(税込)

・auの利用期間に関わらず、MNP転出する場合かならずかかる手数料です。

②違約金 10,260円(税込)

・2年契約の場合、更新月以外にMNP転出すると違約金が発生します。例えば、2016年11月に新規契約したユーザーの場合、更新月は2018年の12月と2019年の1月となり、その後2年ごとに12月、1月が更新月となります。

なお、更新月は以下の方法で確認することができます。

【更新月の確認方法】
auのサポートページ「解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ」を開き、画面下部にある「2年契約の更新期間を確認する」を押します。次のページでau IDでログインすれば確認できます。

※au IDは初期設定で現在利用中の電話番号になっています。パスワードを忘れた場合は再設定を行なってください。パスワードの再設定は➡︎こちら

③機種代金の残額

・機種代金の残額がある場合は転出後も引き続き支払うか一括清算する必要があります。引き続き分割で支払う場合は毎月割が適用されなくなるほか、アップグレードプログラムを利用している場合、すでに支払ったプログラム料は戻ってきません。

機種代金を一括清算したい場合はKDDIお客様センターへ連絡してください。

KDDIお客様センター
局番なし 157(通話料無料)au携帯電話からの場合のみ
0077-7-111(通話料無料)携帯電話/一般電話共通
受付時間9:00〜20:00(年中無休)

④MNP転入先の新規事務手数料 3,240円(税込)

・MNP転入先の新規事務手数料はキャリアによって取り扱いが異なります。

ドコモの場合、オンラインショップであれば新規事務手数料は不要です。また、ソフトバンクは店舗、オンラインショップともにMNP転入であれば新規事務手数料はかかりません。

格安SIMについては各社のホームページを参照してください。

auでMNP予約番号を取得する方法は3つ

auでMNP予約番号を取得する方法は次の3つです。

1.電話で取得する

2.EZwebで取得する(ガラケーのみ)

3.auショップで取得する

auは他のキャリアと異なり、ネットやスマホでMNP予約番号を取得することができません。このため、スマホを利用している方は電話かauショップでMNP予約番号を取得する必要があります。

電話で取得する方法

auの場合は電話でMNP予約番号を取得するのが最も手取り早いです。

MNP予約受付センター
0077-75470(通話料無料)携帯電話/一般電話共通
受付時間9:00〜20:00(年中無休)

MNP予約受付センターへ電話をかけ、ガイダンスに従い電話番号などの情報を入力するとオペレーターにつながります。その後、注意事項の説明を経てMNP予約番号が発行されます。

途中で4ケタの暗証番号の入力が必要ですが、分からなくても問題ありません。混雑状況にもよりますが、5〜10分もあれば手続きが完了します。

なお、MNP予約番号は口頭で伝えられるほか、SMSでも送付されます。

EZwebで取得する方法(ガラケーのみ)

受付時間9:00〜21:30(年中無休)
EZwebからでも受付時間に制限があるので注意が必要です。

次の手順で携帯電話を操作してMNP予約番号を取得します。

EZwebボタンを押してトップメニューまたはauポータルトップ
 ⬇︎
My au
 ⬇︎
申し込む/変更する
 ⬇︎
au携帯電話番号ポータビリティー(MNP)

画面にMNP予約番号が表示されれば終了です。こちらの方法も数分で手続きが完了します。

auショップで取得する

auショップでMNP予約番号を発行してもらう方法です。

受付時間は各店舗の営業時間内となっており、混雑状況によっては相当な時間待たされる場合もあるため、あまりおすすめできません。

また、運転免許証や健康保険証などの本人確認資料が必要となります。

転入先のMNP新規申し込みはオンラインショップで完結

MNP予約番号の取得が終われば、転入先の新規申し込みはオンラインショップで可能です。

【参考】ドコモオンラインショップの新規申し込み画面

新規・MNP申し込み画面でMNP予約番号を入力する欄があります。なお、注意書きにある通り、ドコモオンラインショップに申し込む時点でMNP有効期限が10日間残っている必要がありますので注意してください。

MNP予約番号の確認方法

MNP予約番号を取得したらメモを取っておくのが望ましいですが、My auから確認することも可能です。

MNP予約番号の確認方法

My au
 ⬇︎
スマートフォン・携帯電話
 ⬇︎
ご契約内容/手続き
 ⬇︎
お手続き履歴の確認
 ⬇︎
お手続き履歴にMNP予約番号が記載されています

まとめ

以上、auからMNP転出する際の注意点と手順を紹介しました。

MNPは予約番号の発行から新規申し込み/開通までを15日以内で行う必要があり、休日しか時間の取れない方は一連の手続きがタイトになりがちです。

この点を考えると「電話でMNP予約番号を発行→転入先の新規申し込みはオンラインショップで」という方法が最もやりやすいのではないでしょうか?

ドコモへMNPする方はこちら
▶︎ドコモオンラインショップ
(オンラインショッップなら事務手数料が無料)
ソフトバンクへMNPする方はこちら
▶︎ソフトバンクオンラインショップ
 2018年11月27日
Return Top