予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

【ソフトバンク/ドコモ/au】iPhoneXS料金プラン比較

iPhoneXSが発売されてしばらく経ちましたが、もう手に入れた方も多いのではないでしょうか?このページでは、キャリアによって端末代金や維持費がどのくらいかかるのか、どこが一番安くなるのかをプラン毎に比較してみました。

各キャリア毎に、基本通話プランやパケットパックの違いで比較していますが、利用年数での割引や家族割、光とのセット割引などは今回は含めていません。端末購入から1年間などの期間限定の割引も省いています。

比較の条件
・iPhone XSを分割で購入した場合
・パケットパックは定額プランで同等のプラン、通信の利用量に応じて料金が変わる段階型のプランとで分けて比較
・最安値で比較するために、すべて2年定期契約ありで算出

iPhone XS ソフトバンク ドコモ auの本体価格 比較

24回払い


24回払いの場合は、単純に端末代金の月々負担はドコモが一番安いです。ドコモは月々サポートという端末代金に対する月々割引があるので、2年で支払いも終了し、25ヶ月目以降で下取りプログラムを利用して機種変更すれば、通常より安く機種変更することもできます。

(参照:ドコモ/下取りプログラム)

48回払い


48回払いができるのは、auとソフトバンクのみです。ドコモと違い、月々サポートのような端末代金の月々割引がないので、au/ソフトバンクで購入する場合は48回払いで契約することで月々の負担を抑えることができます。48回払いにすると、支払いが終わる4年後まで機種変更できないのかと思われる方もいるとお思いますが、auでは「アップグレードプログラムEX」、ソフトバンクでは「半額サポート」に加入することで、最短13ヶ月目から機種変更が可能になります。さらに、25ヶ月目で機種変更すると、旧端末の回収を条件に残りの半分の支払いが免除になるので、実際の負担は半額で済む場合もあります。こういったサポートをうまく利用することで、月々の料金も抑えられる上に端末代金の実質負担も半額で済むので大きなメリットと言えます。

(参照:au/アップグレードプログラムEX)
(参照:ソフトバンク/半額サポート)

ドコモ iPhoneXS 月々の支払いイメージ(5GB)


ドコモの月々の料金のイメージは上記の通りです。パケットパックは20GBの定額プラン、ウルトラデータLパックで契約した場合で算出しています。通話をどのくらいするかによって、基本通話プランを選択するため、3パターンのプランから選びます。最安のシンプルプランだと、iPhone XSの64GBを購入した時に、10,196円です。今はLINE通話などもありますし、通話をすることがほとんどない人など、シンプルプランでも支障ない人は基本料金を抑えることも可能です。

au iPhoneXS フラットプラン20 月々の支払いイメージ

24回払いで購入した場合

48回払いで購入した場合

こちらはいずれもドコモと同様、20GBの定額プランで算出しています。同じ20GBのデータ定額プランでは、基本料はauが一番安いです。ただし、24回払いだと月々の料金は高くなるので、48回払いで購入する方が月々の負担は抑えられます。その場合、シンプルプランで8,680円〜と月々の利用料は1万円を切ります。

ソフトバンク iPhoneXS ウルトラギガモンスタープラス 月々の支払いイメージ

24回払いで購入した場合

48回払いで購入した場合

ソフトバンクは20GBの定額プランがないので、50GBのデータ定額プラン「ウルトラギガモンスター +」で算出しています。通話プランは他の2キャリアと同様、3パターンあります。通話基本プランの基本料金は3キャリアの中で一番割高ですが、ドコモの20GBのデータ定額プラン「ウルトラデータLパック」とほぼ同額でデータ通信は倍以上の50GB使えます。さらに、「ウルトラギガモンスター +」は、Youtubeやその他対象のSNSが使い放題になるという最大のメリットがあります。3キャリアともにデータ定額プランにも上限がありますが、Youtubeやその他対象のSNSの利用時の通信料が加算されないというのは、実質もっと多く通信が利用できるので満足度は高いのではないでしょうか。

段階型プランで購入した場合

ドコモは24回払い、au/ソフトバンクはそれぞれ48回払いで購入した場合で算出し、段階型のプランは、全て「~5GB」の時の金額で合わせて比較しています。
家や職場にWi-Fi環境がある人など、モバイルデータ通信の利用がほとんどない方向けのプランですが、利用状況
段階型のプランで比較した場合、ドコモが一番安いようです。段階型のプランだと、ソフトバンクは総合的に基本料金は少し割高です。

ドコモ ベーシックパック(〜5GB)

au ピタットプラン(〜5GB)

ソフトバンク ミニモンスター(〜5GB)

家族で利用する場合

同じキャリアで契約している家族がいる場合、家族で共有できるプランがあったり、利用している家族の人数によって割引がある場合があります。うまく利用するとかなり安く契約できる場合があります。
ドコモの場合、家族で利用することで基本料金からの割引はとくにありませんが、通信量を共有するパケットプランのシェアパックを契約することで、子回線のパケット利用料の負担は500円/月で済みます。

ソフトバンクの場合は、「ウルトラギガモンスター +」を契約すると、利用している家族の人数によって月々500円/人の割引が受けられます。4人以上で最大2,000円の割引を受けることができます。家族の人数が多く、4人以上いる場合、通常より2,000円安く「ウルトラギガモンスター +」を契約できます。

最安プランで比較

3キャリアで、最安プランを比較してみました。ドコモ以外はパケットパックは段階型のプランで最安の1GB、かつ端末代は48回払いの時で算出しています。
通話プランは、ドコモ「シンプルプラン」、au「シンプル」、ソフトバンク「通話基本プラン」とう各キャリアの最安プランで比較しています。

この場合、一番安いのはドコモの子回線契約で、4,696円です。通信量は家族と共有するので、契約のプランと他の家族がどのくらい通信量を利用するかによって使えるギガ数は変わってきますが、モバイルデータ通信をほとんど使わない人などはとくに支障はないのではないでしょうか。

まとめ

各種プランによって比較してみましたが、、au/ソフトバンクの場合は端末代金の月々の割引がないため、24回払いの場合の月々の料金は割高です。それぞれサポートに加入すれば、48回払いでも2年以内に機種変更も可能になりますし、残りの代金の免除など、サポートを受けられる場合があります。そういったことから、au/ソフトバンクで契約する際は48回払いで購入することをおすすめします。

定額制のプランの基本料金は、ソフトバンクが一番高いですが、ドコモ/auが20GBのところソフトバンクは50GBです。さらに、YoutubeやSNSは使い放題なので、SNSの利用が多い人はお得感は大きいでしょう。

家族で利用していて、Wi-Fi環境での利用が多く、モバイルデータ通信をほとんど利用しない場合はドコモの「シェアパック」の子回線契約。家族で利用しているが、それぞれにYoutubeやSNSなどギガ数を気にせず利用したい場合はソフトバンクの「ウルトラギガモンスター +」がお得でしょう。単独での利用であれば、auのピタットプランが一番安くなりそうです。

キャリアごとに期間限定のキャンペーンなどもあるため、契約時期などによっては金額に違いがある場合もありますが、参考になれば幸いです。

Return Top