予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

友だち追加

「iPhone XR」値下げ後の価格・維持費まとめ【ドコモ ソフトバンク au】※2019 2/1〜


昨年発売された新型iPhoneは、高価格化も影響して販売台数が伸び悩んでいるといわれています。そんな中、今注目すべきモデルといえば「iPhone XR」かもしれません。

「iPhone XR」は昨年11月からドコモが大幅値引きを実施したほか、1月30日からはソフトバンクも値引きキャンペーンを実施しています。

そこで今回は、各キャリア値下げ後の販売価格と維持費について紹介します。

「iPhone XR」各キャリアの値下げ状況


2019年2月1日現在の「iPhone XR」各キャリアの値下げ状況は以下の通りです。

今後、新たな値引きや施策が発表されしだい内容を更新していきます。

ドコモの値下げ状況

ドコモは昨年11月26日より、「iPhone XR」を端末購入サポートおよびiPhoneデビュー割の対象としました。

また、ドコモオンラインショップでは2019年2月1日~2019年5月31日の期間、「ドコモオンラインショップスペシャル特典」として「iPhone XR」など対象機種を5,184円割引しています。

これにより、64GBモデルの新規/MNP価格は実質価格が25,920円と全キャリアで最安の価格となっています。

加えて、ドコモはFOMA→Xiの契約変更で「iPhone XR」を購入するユーザーに12ヶ月間、毎月の料金を1,620円割引するウエルカムスマホ割を実施しています。

auの値下げ状況

auは今のところ値引きを行っていませんが、実質半額で「iPhone XR」を購入できる「アップグレードプログラム EX」を実施しています。これは48回の分割で端末を購入し、24ヶ月経過以降に機種変更すると、旧端末の残債が免除されるというもの。プログラム料金として24ヶ月間毎月390円かかりますが、2年ごとに機種変更する方にとってはとてもお得な購入方法といえます。

ソフトバンクの値下げ状況

au同様に実質半額で「iPhone XR」を購入できる半額サポートを実施していますが、ソフトバンクは毎月のプログラム料が不要となっています。

また、ソフトバンクは1月31日から「iPhone XR」を10,800円値引きするハッピープライスキャンペーンを実施しています。

以上の内容を踏まえ、キャリアごとに「iPhone XR」の価格と維持費を見てみましょう。

なお、各社の維持費は以下の条件で計算しています。

・通話5分以内無料の料金プランを2年契約ありで利用
・従量制データプランは毎月のデータ利用量を1GB以下で利用
・大容量データプランは20GB(ソフトバンクのみ50GB)プランで利用
・機種代金はドコモが24回払い、auとソフトバンクは48回払いで計算

ドコモ版「iPhone XR」の価格

先ほども述べたように、新規/MNP価格はドコモが圧倒的に安くなっています。最新版のiPhoneが実質25,920円〜44,064円で購入できるのは大きな魅力でしょう。

なお、契約変更(FOMA→Xi)と機種変更で端末価格に差はありませんが、契約変更は12ヶ月間ウエルカムスマホ割(月額1,620円)が適用されるので、実質的には19,440円お得になっています。

▶︎ドコモオンラインショップで購入する

ドコモ版「iPhone XR」の維持費

新規/MNPの場合、機種代金を「端末購入サポート」で一括値引きしているため、月々サポートはありません。

また、FOMA→Xiの契約変更の場合は、2年目からウエルカムスマホ割の適用がなくなるため、維持費は1,080円アップする点にも注意が必要です。

▶︎ドコモオンラインショップで購入する

「ドコモの学割」を利用すればスマホ代が月額280円から


ドコモでは初めてスマホを利用する25歳以下のユーザーへ、毎月の料金を1,500円割引する「ドコモの学割」を実施しています。

割引期間は1年のみとなっていますが、シェアパック子回線として利用した場合の月額利用料金はわずか280円(税抜)。

また、「ドコモの学割」では学割対象者だけでなく、同一シェアグループの家族もポイントをもらえる特典があります。詳しくは下記ページをご覧ください。

「ドコモの学割」は➡︎こちら

▶︎ドコモオンラインショップで購入する

ソフトバンク版「iPhone XR」の価格

ソフトバンクは、1月30日より「iPhone XR」を10,800円割引きする「iPhone XR ハッピープライスキャンペーン」を実施しており、下記価格は割引きを反映した価格となっています。

ソフトバンクもau同様に機種代金が実質半額になる半額サポートが利用できるため、例えば「iPhone XR」64GBモデルの場合、実質47,880円で購入できます。

▶︎ソフトバンクオンラインショップで購入する

ソフトバンク版「iPhone XR」の維持費

ソフトバンク版「iPhone XR」の維持費は以下の通りです。auとは異なり、ソフトバンクの「半額サポート」はプログラム料不要となっています。

ただし、ソフトバンクの「半額サポート」も、特典利用時に旧端末を返却する必要があるため、月額896円のあんしん保証パック with AppleCare Serviceの料金を別途見積もっておいた方が良さそうです。

なお、ドコモとauの大容量プランは20GB、30GB(auは25GBのNetFlixプランもあり)ですが、ソフトバンクは容量50GBの「ウルトラギガモンスター+」一択となっています。

同プランはSNSや動画が無制限で利用できるため、ヘビーユーザーには料金以上に割安感やお得感を感じられるかもしれません。

▶︎ソフトバンクオンラインショップで購入する

ソフトバンクの「学割放題」も基本料が3ヶ月無料に


ソフトバンクでは、25歳以下のユーザーを対象に3ヶ月間基本料を無料とする「学割放題」を実施しています。

「学割放題」を利用した場合、ミニモンスター(データ量〜1GB)は0円、ウルトラギガモンスター+は1,980円で利用可能。(当初3ヶ月の料金)

また、「学割放題」は家族にも適用があり、遠くの親戚や同居している友人・恋人なども適用対象となります。

詳しい条件などは下記のページをご覧ください。

ソフトバンクの「学割放題」は➡︎こちら

▶︎ソフトバンクオンラインショップで購入する

au版「iPhone XR」の価格

au版「iPhone XR」は現状で値引きはありませんが、機種代金が実質半額となる「アップグレードプログラムEX」が利用できます。

例えば、「iPhone XR」64GBモデルを購入して25ヶ月目に機種変更した場合、機種代金は毎月2,050円×24回で合計49,200円。最新版「iPhone XR」が実質的にこの価格で利用できるのは魅力的です。

auの場合は2年ごとに「アップグレードプログラムEX」の適用を受けることが「安く購入するコツ」といえます。

▶︎au Online Shopで購入する

au版「iPhone XR」の維持費

auで「アップグレードプログラムEX」を利用する場合、購入後24ヶ月間はプログラム料が月額390円がかかります。

また、「アップグレードプログラムEX」の特典を受ける(次回機種変更時に残債免除を受ける)には、ディスプレイ割れなど大きな故障なしで旧端末を返却する必要があります。このため、故障紛失サポート with AppleCare Service(月額961円)の加入は必須といえるでしょう。

下記維持費に「故障紛失サポート with AppleCare Service」の料金も加えて検討した方が良さそうです。


▶︎au Online Shopで購入する

auの「auゼロ学割」なら月額0円からスマホが利用可能


auでは、25歳以下のユーザーおよび機種変更する家族を対象に「auゼロ学割」「フラット学割5」「フラット学割20」」「NETFLIXプラン学割」を実施中です。

「auゼロ学割」・・・月のデータ量1GB以下のユーザーが対象。翌月から3ヶ月間、利用料が0円となります。
「フラット学割5」・・・学割専用「フラットプラン5(シンプル)」が翌月から3ヶ月間、利用料980円となります。
「フラット学割20」・・・「フラットプラン20(シンプル)」が翌月から3ヶ月間、利用料1,980円となります。
「NETFLIXプラン学割」・・・「NETFLIXプラン(シンプル)」が翌月から3ヶ月間、利用料3,130円となります。

なお、上記料金はauスマートバリュー、スマホ応援割など適用時のものです。詳しい条件などは下記のページをご覧ください。

「auの学割」は➡︎こちら

▶︎au Online Shopで購入する

(te7373)

Return Top