予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

ドコモオンラインショップ iPhone/スマホなど 予約・購入の際の2段階認証 設定方法!

2018年7月下旬頃▶︎ドコモオンラインショップにて不正アクセスが発生し、スマートフォンおよそ一千件の購入被害に合うという事件が起こりました。

この事件を受け、NTTドコモは、ドコモオンラインショップでのセキュリティ面を強化するためにdアカウントの「2段階認証」の設定を推奨しています。ドコモオンラインショップにおける2段階認証開始について

今後、新たなスマートフォンやiPhoneの購入において、この「2段階認証」を行っておくことが必要となってきます。

今回の記事では、dアカウントの「2段階認証」の設定方法をご紹介致します。

被害件数1千件、ドコモオンラインショップにて「iPhone X」の不正購入が発生

2018年7月下旬に発生したドコモオンラインショップでの不正アクセス事件では、他人のIDとパスワードを入手した何者かが不正にログインし「iPhone X」を購入、IDの持ち主の自宅とは異なる場所を発送先に指定していたと伝えられています。

ドコモ通販サイトに不正アクセス、スマホ1千件購入被害

未遂も含めると被害件数は約1千件、「iPhoneX」のドコモオンラインショップでの販売価格が144,000円であることを考えると被害額も相当金額になっていることがわかります。

のちのドコモでの調査では、不正アクセスを受けた被害者はいずれも「2段階認証」を設定していなかったアカウントであると伝えられています。

こういった被害を避けるためにも、ドコモユーザーの方は必ず「2段階認証」を行うよう設定しておくことが必要です。

dアカウント「2段階認証」とは?

dアカウント「2段階認証」とは、dアカウントにログインする際に、アカウントID、パスワードとは別に登録したメールアドレスやSMSに新たなセキュリティコードが送信され、そちらを入力することでログイン完了となる認証方式のことです。

認証の第一段階がアカウントID・パスワード、第二段階が登録メールアドレスやSMSに送信されたセキュリティコード、という形になっています。

なお、一度「2段階認証」をクリアした同じブラウザからの接続の場合とアカウントに登録した端末でログインする際には、2回目以降の「2段階認証」は省略されるため、普段使っているのブラウザや端末で煩わされる心配はありません。

dアカウント「2段階認証」の設定方法

それでは、dアカウント「2段階認証」の設定方法を見ていきましょう。

「2段階認証」の利用設定は、Safariなどのwebブラウザから、「dアカウント設定」アプリからの2つの方法で行うことができます。

どちらの方法でも2、3分ほどで簡単に完了します。

dアカウント「2段階認証」Webからの設定方法

まずWebブラウザから行う方法をご紹介します。

お使いの端末から下記のリンクにアクセスし、「今すぐ2段階認証を設定する」をタップ。

IDとパスワードを入力し、dアカウントの設定画面にログインします。すると、次のような画面が表示されるので、「2段階認証設定」の項目の「設定する」をタップします。

現在の設定項目が「利用しない」となっているため、その下の項目の「利用する」にチェックをつけます。

「セキュリティコードの送信先」はよく利用する方のメールアドレスを選びましょう。

「セキュリティコードの送信先」を選んだら、画面を下にスクロールし。「上記内容に変更する」をタップします。

「利用設定完了」という画面が表示されるので、現在の設定が「利用する」になっていることを確認し、「2段階認証」の利用設定は完了となります。

「dアカウント設定」アプリでの2段階認証の設定方法

「dアカウント設定」アプリから「セキュリティ」の項目をタップ。「2段階認証の設定・変更」の項目をタップします。

dアカウントのログインID入力すると以下の画面が表示されるので「2段階認証設定」の項目をタップします。

そのあとはWebと同じ手順を行えば「2段階認証」の利用設定は完了となります。

実際に「2段階認証」を行う方法

それでは、実際に「2段階認証」を行ってみましょう。

Webブラウザで「2段階認証」を行う方法

まずはWebから行ってみます。

dアカウントのログイン画面を表示、アカウントIDとパスワードを入力し「ログイン」をタップ。

「2段階認証」の利用設定が完了していれば、以下のような画面に移ります。

登録されたメールアドレスに送信されたメールにて、セキュリティコードを確認し入力欄に記入します。

下のチェックボックスの「信頼できる端末(ブラウザ等)として登録する」にチェックを入れておけば、二回目以降のログインの際にはセキュリティコードの入力は省略することが可能になります。ブラウザ(端末)の登録名はご自由に。

セキュリティコードを入力し、下の「ログイン」ボタンをタップすれば2段階認証は完了となります。

「dアカウント設定」アプリからの「2段階認証」を行う方法

続いて「dアカウント設定」アプリから。

こちらもログインの際に、まずはIDとパスワードを入力します。

Web(ブラウザ)と同じように、以下の画面が表示されるので、登録したメールアドレスに送信されたメールにて、セキュリティコードを確認し入力欄に記入します。

「dアカウント設定」アプリでは、初回ログインの場合に「続けて生体認証の設定を行いますか?」という項目が表示されるので、「続ける」をタップ。

指紋認証と顔認証どちらも利用可能なので、お使いの端末に対応して生体認証を設定し、ログインが完了します。

以上で「2段階認証」は完了となります。

次期iPhoneも来月9月に発売されると予想されており、新しいiPhoneの予約・購入の際にも、セキュリティ対策は万全の体制で整えておくために、ドコモユーザーの方は必ず2段階認証を設定するようにしましょう。

ドコモオンラインショップ iPhoneの予約攻略

▶︎ドコモオンラインショップ
(yorimorishima)

Return Top