予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

【格安スマホ】docomo withのiPhone6sを購入・運用してみた!本当に月280円で済むのか


そろそろ我が子にスマホを持たせたいけど、なるべくお金をかけたくない!iPhoneがいいけど格安で使えるdocomo withの対象機種に入ってないよー!と思っていた矢先、2018年9月1日から「iPhone 6s(32GB)」が追加されていたので、早速購入しました。

利用料金がずっと毎月1,500円割引となる料金プラン「docomo with」でiPhones 32GBをシェア子回線で利用した場合、月の使用料は本当に280円になるのか?ドコモオンラインショップで購入して現在約3ヶ月経ったのでその報告です。

ドコモ with iPhone 6s購入から3ヶ月間の料金明細


こちらが実際のmy docomoで見た利用料金のページです。2018年9月〜11月までの料金

結論から言いますと、280円は本当でした!画像は税込の金額ですが、本当に280円になっていました。(※280円+ユニバーサルサービス料2円 = 282円の税込で304円)
【内訳】

・基本使用料(シンプルプラン) 980円
・シェアオプション 500円
・spモード利用料 300円
・ユニバーサルサービス料 2円
・docomo with適用額 -1,500円

以前、子供に与えるスマホを格安SIMにしようか検討していましたが、ドコモだと主回線からのデータシェアもできるので断然ドコモwithにしてよかったようです。

ただ我が家の場合端末価格が3万円代と、とてもお手頃でしたし、dカードのポイントも貯まるので今回は思い切って一括で購入しました。なのでもし24回払で購入した場合は、この金額に機種代金1,650円がプラスされます。

シンプルプランは
・月額基本料980円(2年定期契約あり)
・家族内の国内通話無料
・国内通話20円/30秒

docomo withのiPhone6sを一括で買っておけば、家族内は通話が無料なので、他に電話する場合はLINEなどで徹底すれば、税込月304円で済みます。24回払いで買った場合は月2084円ですね。

1回docomo withのiPhone6sを買っておけば、いつかロック解除された中古のiPhoneや親が使っていたiPhone、simフリーの最新のiPhoneを買っても、docomo withのsimカードを刺せばその端末は月304円〜使えるところもいいですね。

新型のiPhoneXSにdocomo withのsimカードを入れても問題なく使えました↓

「docomo with」iPhone 6sの価格

「docomo with」でiPhone 6s 32GBを購入すると、本体価格は、39,600円。24回払いにすると支払額は月1,650円。


iPhone 6sのカラーはゴールド ローズゴールド スペースグレイ シルバーの4色

「docomo with」iPhone 6s (32GB) 3人家族の場合

そして例えば3人家族、「シンプルプラン」+「ベーシックシェアパック」で契約した場合、ドコモの料金シミュレーションによると、ひと月の維持費は代表回線であるお父さんでも月5,380円~、子回線であるお母さんと子どもは、月280円。

▶︎ドコモ料金シュミレーター

▶︎ドコモオンラインショップで購入すれば頭金なしで新規MNP・機種変更でも事務手数料が無料なのでおすすめです。

そもそもdocomo withって何?

docomo withとは、対象機種購入で毎月1,500円を利用料金から割引します、というもの。しかも、docomo withの割引はその機種を使っている間はずっと続くんです。初めはGalaxyとarrowsの2機種のみしか選べませんでしたが、9月には初めて「iPhone」が追加されるなど、だんだんと対象機種のラインナップが豊富になって来ました。
現在docomo withの対象機種となっているのは、iPhone 6sのほか、AQUOS sense2 Galaxy Feel2 arrows Beなど9機種。

▶︎docomo with詳細と対象機種

対象となる料金プラン

「シンプルプラン」
「カケホーダイライト」
「カケホーダイ」

上記3つのプランの他、パケットパックの契約が必要となります。

docomo with最安のプランはどれだ?

最安プランは、上記の表の通り「シンプルプラン」+「ベーシックシェアパック」ステップ1で契約した場合の、シェアパック子回線の280円です。

これは、間違いなくお得だと言えるでしょう。一方、シェアパックを利用しないおひとり様プランはどうでしょうか?おひとり様ですと、「シンプルプラン」+「ベーシックパック」利用が最安プランでしょう。

通話料に関して、カケホーダイライトは5分以内であれば国内通話料が無料で、5分超過後は30秒ごとに約20円の通話料がかかります。

一方、シンプルプランは家族間通話は無料で、その他の通話は30秒ごとに20円の通話料がかかってきます。したがって上記の表の合計欄に通話料がプラスされます。

基本料金が安くても、通話が多い方だとカケホーダイライトにしておいた方が結果的に安くなるという場合もありますので、ご自分のライフスタイルに合わせてベストな料金プラン選びが必要です。

▶︎ドコモオンラインショップで購入する

docomo withとdポイント

ドコモのユーザーなら持っておいたほうがいいのが▶︎dカードGOLD
機種代金をdカードで一括決済すれば、dポイントは2%貯まります。最近では通常の機種代金が10万円を軽く超えるものが多いため、なかなか一括で購入することは難しいですがdocomo withに限っては機種代金が5万円以下に抑えられていますので、一括で購入しやすいと思います。また、月の利用料金の10%がポイントとして貯まっていきますのでdカードゴールドの年会費1万円は、個人的にはあまりネックにはならないかと思います。
docomo withを申し込む方の多くは、月の利用料金を抑えたい方が多いでしょうから最安の料金プランにされる方が多いかもしれません。しかし、ヘビーユーザーの方だと、容量多めのデータパックを契約したり、ドコモ光の契約をされている方、家族で使用されている方はポイントが貯まりやすいです。
そこで、docomo with対象機種ごとの本体価格・月の利用料金に対するdポイントの表を作成してみました。上にある表は税抜きで表示していますが、ポイント計算の都合で現在の税率8%の税込で表示しています。

docomo with iPhone 6sほか対象機種の価格・月の利用料金とdポイント


端末価格が他に比べて安いドコモwith対象機種1機種の場合でも、年間5,000pt以上貯まるわけですから家族でドコモを利用している方や、他の家族は別のもう少し高い機種を使っている、ドコモ光を契約している、など全部引っくるめれば結構ptは貯まっていくと思います。
▶︎dカードGOLD 詳細を見る

docomo withで賢く節約!

一度docomo withでスマホを購入したら、次も2年後にdocomo withで購入しなければいけない決まりはありません。docomo with自体に特別な縛りはありませんので、対象機種ではない新しい端末へ機種変更するもよし、docomo with対象の新機種を選んでもよし、もしくは機種変更自体せずにそのまま使い続けるのも有りなところがdocomo withの魅力の一つでもあります。
最新機種にこだわりが無い方は、型落ちの機種を安く手に入れることができ、機種変更せずにそのまま使い続けることによってdocomo with割引をずっと受けられるので月のコストを大幅に抑えることができます。
docomo with対象機種は、特にお子さんのスマホデビューには最適な機種ではないでしょうか?

Return Top