予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

▼2019年 新型iPhone▼
iPhone 11(XI) 発売日 予想 ※名称は仮称
・発表イベント2019年 9月10日
・予約開始日: 9月13日(金)16時1分
・発売日: 9月20日(金)
▶︎iPhone11(XI) 最新情報まとめ

新型の予約・発売日情報も発信
    ↓↓↓
友だち追加

もっと安くなるかも!ドコモのiPhone 料金プランを見直そう

もうすぐ新型 iPhone XSやiPhone9が登場しそうです。今からとってもワクワクしますよね。新しいiPhoneをゲットできるのは嬉しいですが、できるだけお得に購入したいと思っている方も多いと思います。今回は、ドコモのお得な料金プランで新型iPhoneを持てるよう、見直すべきポイントをご紹介します。

ドコモの料金プランについて


ドコモの料金プランは基本プラン+パケットパック+インターネット接続サービス(ISP契約)の組み合わせから構成されます。この基本の組み合わせの形は変わらないのですが、端末代金や付加サービス利用料、割引料金などは利用状況、契約年数によって異なります。

基本プラン


スマホやiPhone向けの基本プランは全部で4つです。通話の利用がどのくらいあるかによって選びます。家族がドコモを利用していれば、ファミリー割引で家族内通話は無料になるので、それ以外の人にどのくらい通話をするかによって料金は変わってきます。

ひとりで利用するなら、ベーシックパック、ウルトラデータパック

ひとりで利用する場合のパケットパックは、使った分だけのベーシックパックか、定額のウルトラデータパックから選択します。

家族で分け合うなら、ベーシックシェアパック、ウルトラシェアパック

ベーシックシェアパック,ウルトラシェアパックは、家族がドコモなら通信量を分け合うことができます。同一ファミリーグループで、ファミリー割引上限数の20回線までシェアグループを設定できるので、家族が多い方でも安心です。

シェアオプション
シェアグループを設定する際に、まずは代表回線を決めます。代表回線がパケットパックの契約回線となるため、代表回線以外は全てシェアパック子回線となり、一人あたり500円/月のシェアオプションに加入します。

シェアパック分割請求オプション


シェアパックの関連オプションに、シェアパック分割請求オプションというものもあります。これは、家族で単独請求の方がいたり、世帯が違う場合であっても、請求額を均等に分け合うことができるというサービスです。

このシェアオプションは、シェアグループの中で分割請求オプションの対象にしない子回線を個別に設定することもできます。例えば、おばあちゃんはあまり使わないから、シェアオプション定額料のみにしたいなど、ご利用状況に応じて設定も可能です。

ただし、シェアパック分割請求オプションを設定した場合は、シェアパック定額料、シェアオプション定額料、スピードモートや1GB追加オプション利用料からずっとドコモ割プラスの割引を適用した合計額を、シェアグループ内の回線で均等に分けられます。通信量を多く使う人は多くしたり等、金額の設定はできないので注意が必要です。

ドコモで料金を見直すポイント

では、実際にどこを見直すべきなのか、見直しの際のポイントをご紹介していきます。

ポイント①通話プランを見直す


まずは、自分の通話を見直して見ましょう。家族にかけることが多いのか、または友達や恋人との通話が多いのか。ビジネス通話が多い方は、カケホーダイにしておいた方が安心かもしれません。

しかし、家族や友達、恋人など親しい人との電話はLINE通話やSkypeなどのメッセージアプリを利用するのもひとつのポイントといえます。そうすることで通話料を気にすることなく長時間電話できますし、基本料金をおさえることも可能になります。

ポイント②ファミリー割引グループを見直す


ファミリー割引とは、家族内の通話が無料になる割引サービスです。結婚をしたり、環境が変わった時、ファミリーグループの見直しもおすすめします。家族間通話が多い場合、同一ファミリー割引グループ内であれば通話料がかからなくなります。

家族内通話料が無料になれば、それ以外の人にかけるときだけ気をつければ、基本料金をおさえることもできますよね。前述でも少し触れたように、ファミリー割引グループは20回線まで申し込み可能です。1回線につき、1つのグループへの加入が条件となりますが、家族が多くてもまとめやすいですよね。


シェアグループ同様、ファミリー割引のグループも代表回線を設定します。ファミリー割引を申し込めるのは、ドコモが定める三親等以内の家族、もしくは地方自治体等が発行する「同性とのパートナーシップを証明する書類」をお持ちの方とあります。条件に当てはまるのであれば、申し込みしても損はないのではないでしょうか。

ポイント③インターネットを見直す


自宅にインターネットを引いている方、または検討している方は必見のドコモ光。月々プロバイダー料金込みの5,200円〜5,400円(税抜)で契約でき、更には契約しているパケットパックからの割引も適用されるので、ドコモを利用しているならドコモ光にしない手はありません。

シェアパックの場合

ひとりで利用の場合

ポイント④パケットパックを見直す


ここ最近の、1ヶ月に利用しているデータ量を確認してみましょう。シェアパックの人はシェアグループ全員での利用料を確認します。

ひとりで利用していて、ベーシックパックを契約中の人は、毎月の利用量が5GBを超えていないかを確認します。毎月5GBを超えている場合、パケットパックの料金は7,000円になります。その場合は、定額のウルトラデータLパックの方が6,000円で20GB利用できるので、安くお得になりますよね。

旧プランのデータS、M、Lを契約中の方も同様で、スピードモードや1GB追加オプションで毎月何度も速度制限を解除している方等は、プランが合っていない可能性が高いので、見直ししましょう。

現在ひとりでパケットパックを契約している方は、家族にもスマホを利用している人がいないかも確認してみてください。単独で契約をしているよりも、シェアパックにした方が安くなる場合もあります。


ベーシックシェアパックの場合は、シェアグループでの毎月の利用量が15GBを超えていれば、ウルトラシェアパック30へ変更した方が1,500円安くなります。また、ずっとドコモ割プラスは契約年数が長い方の方が多く割引が適用され、よりお得になります。シェアグループの代表回線を誰にするかによっても割引額が変わってくるため、見直ししてみましょう。

ポイント⑤付加サービスを見直す


前回の機種変更時に、頭金の割引の代わりに、何かサービスの申し込みをしませんでしたか?それらのほとんどは、31日間無料だったりで初期費用はかかりませんが、使っていない場合そのままにしていると月額料金だけ毎月払い続けている可能性があります。例えば、ひとつ月額500円のものが5つ付加していると、月に2,500円も払い続けていることになります。年間にすると30,000円なので結構な額ですよね。一度、ほとんど使用していなかったり、不要なサービスがないか確認してみましょう。

格安でiPhoneを使いたいならdocomo WithのiPhone6sがおすすめ

docomoWithとは


docomoWithとは、docomoWithの対象となっている端末を購入し使い続けることで、毎月基本料金から1,500円の割引が適用されるものです。長く使えば使うほどお得になるので、頻繁に機種変更しない方やお子さん、iPhoneを使ってみたいけど迷っていた方にもおすすめです。
▶︎docomo withの詳細はこちら

2018年9月1日から、docomo WithシリーズとしてiPhone6s 32GBが販売されました。新型のiPhoneでなくてもいいけど、iPhoneを使ってみたい方には朗報ですよね。ドコモオンラインショップでの販売価格は、一括購入で39,600円となっています。
ドコモオンラインショップは9月1日から新規・MNP・機種変更 全てのオーダーで事務手数料が無料になりました。店頭のように頭金もないのでおすすめです。
▶︎ドコモオンラインショップでiPhoneを購入する。

ドコモオンラインショップのメリット・デメリット
(cheb)

Return Top