予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の利用可能エリアや料金、取り扱い端末は?iPhoneの導入方法も紹介


いよいよ自社回線サービスを開始した楽天モバイル。Rakuten UN-LIMITとして華々しいデビューを飾ったのはご存知の通りです。

最近、私の周りでも何かと話題になることが多いので、情報をまとめてみました。

Rakuten UN-LIMITとは?

Rakuten UN-LIMITとは、楽天モバイルが提供するMNO(自社回線)サービスです。

最大の特長は、データ無制限で使い放題(※1)、国内通話かけ放題(※2)という点です。

※1.データ無制限は楽天モバイル回線エリアのみ。au回線エリアは5GB
※2.無料通話アプリRakuten Link使用の場合。通常の通話は30秒/20円

そして、何とこれだけの内容で先着300万名が・・・

1年間完全無料!

・・・というから驚きです。楽天モバイルの意気込みを感じますね。

では、さらに詳しくRakuten UN-LIMITの内容をみていきましょう。

Rakuten UN-LIMITのサービス内容と料金

まず、Rakuten UN-LIMIT最大のウリであるデータ無制限で使い放題は、楽天モバイル回線エリアのみです。(楽天モバイル回線エリアについては後述)

それ以外のエリアではパートナー回線(au回線)を利用するのですが、この場合のデータ上限は月/5GB。ただし、月/5GBを使い切った後でも、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題のうえ、1GB/500円でデータ容量を追加することも可能です。

通話は、無料通話アプリRakuten Linkを使用すると国内通話が完全無料、アプリ未使用の場合は30秒/20円となっています。

ただし、現状ではRakuten LinkはAndroid版しか提供されていないため、iPhoneの場合は通常通話しか利用できないので注意が必要です。

Rakuten UN-LIMITの概要をまとめると以下の通り。楽天回線エリアの方はもちろん、パートナー回線エリアでも利用データ量が少ない方にはメリットが大きそうです。

一方、Rakuten UN-LIMITの月額料金ですが、先着300万名までは1年間完全無料、2年目以降は2,980円(税別)という安さです。

ドコモ、au、ソフトバンクの大容量プランやデータ無制限プランと比較しても、半額以下という驚きの料金を実現しています。

Rakuten UN-LIMITは1年間完全無料なうえ、解約金はかかりませんから、とりあえずサブ回線として契約し、じっくり試してみるのも良さそうですね。

なお、楽天モバイルでは新規加入者へ最大21,300円分の楽天ポイントを進呈するキャンペーンも実施しています。(キャンペーン内容詳細は別コーナーで解説)

・先着300万人利用料1年間無料!
▶︎楽天モバイル 料金プラン

ちなみに、私もさっそくRakuten UN-LIMITを契約して、サブ機の「iPhone XR」で利用しています。

ただし、Rakuten UN-LIMITでiPhoneを使うにはいくつか制限がありますので、次のコーナーで紹介していきましょう。

Rakuten UN-LIMITはiPhoneで利用できるのか?

Rakuten UN-LIMITの公式サポートページによると、いまのところ動作確認が行われているのは、以下のモデルのSIMフリー版のみ。

各キャリア版については、動作検証が行われているということです。

【SIMフリーモデルのみ】
・iPhone XR
・iPhone XS/XS Max
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro/Pro Max

また、上記iPhoneでもすべての機能が利用できるわけではありません。現状で利用できるのは以下の機能です。

【利用できる機能】
・通話機能
・データ通信
・SMS(楽天回線)

一方、現状で利用できない機能は以下の通りです。

【利用できない機能】
・SMS(パートナー回線)
・APN自動設定
・パートナー回線から楽天回線への切り替え※1
・緊急地震速報などの機能
・110番/119番などでの高度な位置情報提供

これらの内容をみると、楽天回線エリア内の方はほぼ問題なくiPhoneを利用できそうです。

少し補足したいのは、※1パートナー回線から楽天回線への切り替えができないという点です。

これは、通話時に楽天回線利用エリアからパートナー回線エリアへ移動(逆も同様)する場合に、一度通話が途切れてしまうという点です。

また、先にも触れた通り、現状で「iOS」版の無料通話アプリRakuten Linkは提供が開始されていません。このため、iPhoneの場合は通常通話となり、20秒/30円の通話量がかかることにも注意が必要です。

以上の内容から、iPhoneユーザーでRakuten UN-LIMITの利用を検討すべき方は以下の通りといえるのではないでしょうか?

・SIMフリー版の動作検証済みiPhoneを利用している方
・楽天回線エリア内に住んでいる方
・データ量無制限を低料金で使いたい方
・通話はほとんど利用しない、もしくは他の無料通話アプリで済ませる方

ただし、動作確認機種でもRakuten UN-LIMITはiPhoneを正式サポートしているわけではありません。あくまでも自己責任での利用となる点は注意してください。

・先着300万人利用料1年間無料!
▶︎楽天モバイル

Rakuten UN-LIMITでのiPhone設定方法

続いてRakuten UN-LIMITでのiPhone設定方法を紹介します。今回は、私がサブ機として格安SIMのIIJ Mioで運用していた「iPhone XR」を利用しています。

まず、格安SIM(楽天モバイル・mineo・IIJ Mioなど)の回線を利用していた場合はAPN構成プロファイルの削除を行う必要があります。(ドコモ・au・ソフトバンクを利用していた方は不要)

APN構成プロファイルの削除方法

「設定」画面で「一般」→「プロファイル」(または「プロファイルとデバイス管理」)の順にタップします。

削除する構成プロファイルを選択し、「プロファイルを削除」をタップすれば完了です。

続いてRakuten UN-LIMITの設定方法です。設定はnanoSIMを利用する方法とeSIMを利用する方法があるのですが、今回は前者を紹介します。

iPhoneでのRakuten UN-LIMIT設定方法

まず、Rakuten UN-LIMITのSIMを挿してiPhoneを再起動させます。

「設定」画面で「モバイル通信」→「通信のオプション」の順にタップします。

「音声データと通話」をタップし、次画面で「LTE,VoLTEオン」にチェックを入れます。すると、画面下部に注意書きが表示されるので「OK」をタップ。

その後、画面左上の「<」ボタンで戻ります。

続いてAPN設定を行います。「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ。次画面の「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」項目のAPN欄に「rakuten.jp」と入力。

その後、画面左上の「<」ボタンで戻ります。

これで設定は完了です。「インターネット共有」にオン・オフボタンが表示されており、テザリングも利用できます。

コントロールセンターを開くと、回線部分に「Rakuten」と表示されています。

Rakuten UN-LIMITのエリアは?

冒頭でも紹介した通り、Rakuten UN-LIMITでは自社回線エリアとパートナー回線(au回線)エリアがあります。

では、データ完全無制限の自社回線エリアはどの程度まで整備されているのか見てみましょう。

東京周辺の自社回線エリアは下図の濃いピンク色の部分です。都心はもちろん、中央線沿線では吉祥寺程度まで、その他、さいたま市や横浜市、千葉市など、周辺地域も広範囲でカバーされています。

(画像出典 : 楽天モバイル )

その他の地域では、大阪や名古屋など大都市圏を中心に順次エリアが拡大されています。詳しいエリア以下のページで調べられますので、ぜひご覧ください。

Rakuten UN-LIMITエリア情報は⇨こちら

Rakuten UN-LIMITの取り扱いモデル

Rakuten UN-LIMITでは5月6日現在、アンドロイドスマホ11機種とモバイルルーター、ホームアンテナを3機種取り扱っています。

このコーナーでは、人気の高いアンドロイドスマホを紹介していきます。

Xperia Ace

(画像出典: 楽天モバイル )

ドコモ版が大ヒットしたXperiaのコンパクトモデルです。フルHD+表示の5.0インチTFTディスプレイに1,200万画素のメインカメラを搭載するなど、充実した基本性能が魅力です。

【販売価格】49,819円(24回/48回分割あり) ※購入+回線契約で15,000円分の楽天ポイントがもらえます

【関連記事】 : docomo「Xperia Ace」の実機レビュー!コンパクトでコスパ良好。

Galaxy A7

(画像出典: 楽天モバイル )

低価格モデルながら、6.0インチ有機ELディスプレイにトリプルレンズカメラを搭載したコスパに優れるモデルです。

オクタコアプロセッサに3,400mAhの大容量バッテリーを搭載するなど、ワンランク上のスペックが自慢。

【販売価格】31,500円(24回/48回分割あり) ※購入+回線契約で15,000円分の楽天ポイントがもらえます

Galaxy Note10+

(画像出典: 楽天モバイル )

6.8インチ有機ELディスプレイにSnap Dragon855プロセッサ、トリプルカメラを搭載したハイエンドモデルです。詳しいスペックなどは以下の記事をご覧ください。

【販売価格】115,273円(24回/48回分割あり) ※購入+回線契約で10,000円分の楽天ポイントがもらえます

【関連記事】 : Galaxy Note10/10+ 日本発売日と予約開始日・価格・スペックまとめ【ドコモ au ソフトバンク】

AQUOS sense3 plus

(画像出典: 楽天モバイル )

FHD+表示の6.0インチTFTディスプレイにオクタコアプロセッサ、デュアルカメラを搭載したスタンダードモデルです。

シャープ独自のIGZOパネルとDolby Atmosステレオスピーカーの搭載で、迫力ある動画やゲームを楽しむことができます。

【販売価格】42,864円(24回/48回分割あり) ※購入+回線契約で10,000円分の楽天ポイントがもらえます

Rakuten Mini

(画像出典: 楽天モバイル )

サイズ106.2mm×53.4mm、重さ79グラムの世界最小・最軽量スマホ。

ディスプレイは3.6インチTFTでメインカメラは1,600万画素。おサイフケータイや顔認証を搭載するなど、実用性に富んだスペックも魅力です。

価格も安いのでビジネス向けのサブ機としても良いのではないでしょうか?

【販売価格】19,819円(24回/48回分割あり) ※購入+回線契約で5,000円分の楽天ポイントがもらえます

楽天モバイルはその他、「Galaxy S10」や「HUAWEI nova 5T」、「OPPO A5 2020」、「arrows RX」など幅広いモデルを取り扱っています。

また、データ無制限という強みを生かしてモバイルルーターやホームアンテナ(据置ルーター)を利用するのも良いのではないでしょうか?

・先着300万人利用料1年間無料!
▶︎楽天モバイル 製品一覧

Rakuten UN-LIMITのキャンペーン

楽天モバイルは現在、Rakuten UN-LIMIT提供キャンペーンを実施しています。

Rakuten UN-LIMIT提供キャンペーン

Rakuten UN-LIMIT契約で最大21,300円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンです。

もらえるポイントの内訳は以下の通り。

①オンラインで契約 3,000ポイント+②申し込み時の契約手数料を還元 3,300円分+③契約と対象機種購入 最大15,000円

ただし、このうち①および②は無料通話アプリRakuten Linkの利用が条件です。したがって、Rakuten Linkが利用できないiPhoneの場合は対象となりませんので注意してください。

一方、③の対象モデルと機種ごとの還元ポイントは以下の通りです。

Rakuten Mobileは機種代金が安いモデルも多いため、iPhoneにこだわらない方は、ぜひ回線契約と同時に端末も購入したいところです。

・先着300万人利用料1年間無料!
▶︎楽天モバイル 製品一覧

まとめ

以上、Rakuten UN-LIMITの内容やキャンペーンについてまとめてみました。

Rakuten UN-LIMITは低価格でデータ無制限という、素晴らしいサービスだと思います。

また、現在ではiPhoneで利用できない機能がありますが、徐々に解消され、自社回線エリアもどんどん拡大されていくことでしょう。

本文でも触れた通り、先着300万人は当初1年間の利用料が無料、解約金もかからないので、気軽に体験してみてはいかがでしょうか?

・先着300万人利用料1年間無料!
▶︎楽天モバイル

(te7373)

Return Top