予約ゲットコムBlog |新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!

新型iPhoneやスマホの発売日・予約等の最新情報を発信!【softbank ドコモ au】

予約ゲットコム

ソフトバンク「Android One S5」の予約開始日・発売日・価格情報


ソフトバンクは2018冬-2019春モデルとしてシャープ製の「Android One S5」を発表しました。発売日は12月下旬以降、予約開始は12月中旬ごろを予定しています。

まずは「Android One S5」のプロモーション動画をご覧ください。

▼【SoftBank】Android One S5 商品紹介ムービー

「Android One」とは?


「Android One」とはGoogleが定めた基準のもと、同社のパートナー企業が製造するAndroid端末です。

一定水準以上のハード性能を持ち、常に最新OSへアップデートされるほか、毎日自動でセキュリティスキャンが行われるなど様々な特長があります。

「Android One S5」のスペックと機能

「Android One S5」は価格を抑えたスタンダードモデルで、スペック的にはドコモやauのAQUOS sense2とほぼ同等になっています。

続いて「Android One S5」のスペックを前モデル「Android One S3」と比較しながら見てみましょう。


まず、ディスプレイですが5.5インチサイズアップされ、最大画面輝度も47%アップ。

同時にディスプレイのアスペクト比が18:9と縦長化されており、SNSのタイムラインなどが一段と見やすくなっています。

メインカメラはピクセルが従来比25%大型化されたイメージセンサーを搭載。これにより取り込む光量がアップしたため、一層明るい写真が撮影可能となりました。

また、サブカメラの画素数も800万画素とスペックアップしています。

その他、プロセッサがスタンダードモデル向け最新のSnapdragon450へスペックアップされたほか、外部ストレージは最大512GBまで対応となりました。

なお、「Android One S5」は防水・防塵機能に対応しており、濡れた手でも快適に操作できます。同価格帯の「HUAWEI P20 lite」や「OPPO R17 Neo」が非防水となっている中、上位機種なみの防水・防塵機能を持つ点は大きなポイントといえるでしょう。

また、「Android One S5」は衝撃にも強い設計となっており、MILスペック(アメリカ軍が定める強度規格)準拠の耐衝撃テストをクリアしているのも特長です。

さらに「Android One S5」は消費電力が少ないIGZOパネルと2,700mAhの大型バッテリーで「最大3日間超え」とされるバッテリーの持ちを実現しています。

ただし、「Android One S5」は指紋認証や顔認証、おサイフケータイに対応していませんので注意が必要。逆に、これらの機能が不要という方であれば、十分に納得のいくスペックおよび機能といえるのではないでしょうか?

「Android One S5」の価格と毎月の支払いイメージ

「Android One S5」の販売価格は30,720円。48回払いの場合、購入から25ヶ月目以降に機種変更すると分割代金の残額が免除されます。

毎月の支払いイメージは次の通り。従量制の料金プラン「ミニモンスター」であれば、端末代金込みで毎月4,398円から利用できます。

「Android One S5」
予約受付中!
発売日 : 12月下旬以降
▶︎ソフトバンクオンラインショップ

(Source : YouTube , ソフトバンク 「Android One S5」 )

(te7373)

 2018年12月15日
Return Top